現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フォーミュラE:ニッサン、アルボンの後任は若手ローランド。高星がリザーブドライバー就任

ここから本文です
スポーツ 2018.11.30

フォーミュラE:ニッサン、アルボンの後任は若手ローランド。高星がリザーブドライバー就任

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日産自動車は11月30日、2018/19年のABBフォーミュラE選手権への参戦体制記者発表会を開催し、セバスチャン・ブエミとオリバー・ローランドのふたりでシーズンを戦うことをアナウンス。また高星明誠がリザーブ兼テストドライバーを務めること、ヤン・マーデンボローが公式シミュレータードライバーを務めることも発表された。

 第2世代シャシー“Gen2”が導入される2018/19年の第5シーズンから、日本の自動車メーカーとして初めてフォーミュラEへワークス参戦するニッサン。第4シーズン限りでシリーズでの活動を終えたアライアンスパートナー、ルノーに代わって強豪e.ダムスとタッグを組んで参戦する。

    12月2日開催のニスモフェスティバルでニッサンのフォーミュラEマシンが国内初のデモランを披露

 そのニッサンは9月20日に参戦初年度のドライバーラインアップを発表。シリーズチャンピオン獲得経験のあるブエミと、GP3やFIA F2(旧GP2)を戦ってきた若手のアレックス・アルボンのふたりを起用するとしていた。

 しかし、アルボンについては発表直後から、トロロッソF1への加入が噂され、10月下旬に行われた公式テストを欠席する事態に。最終的にアルボンは11月27日にトロロッソF1への加入が発表されたため、ニッサンのフォーミュラEをドライブするシートが空席となっていた。

 アルボンの後任として、そのシートを射止めたローランドは26歳の若手で、アルボンが欠席した公式テストにも参加してニッサンのフォーミュラEマシンをドライブしており経験は充分。「シーズン5でニッサン・e.ダムスのドライバーとして選ばれたのは光栄なこと」とコメントした。

「(セバスチャン)ブエミと一緒に戦うことができるのは素晴らしい機会だし、フォーミュラEで最高のドライバーに挑戦することを楽しみにしている」

 あわせてテスト兼リザーブドライバーに就任した高星は、2018年1月にモロッコで行われたフォーミュラEのインシーズンテストに参加しており、フォーミュラEは経験済み。また12月2日開催のニスモフェスティバルでは高星がニッサンのGen2マシンを走らせるという。

 ワンデー開催のフォーミュラEにおいて重要なポジションとなるシミュレータードライバーを担当するマーデンボローは「フォーミュラEは、練習走行、予選、そしてレースまでが一日で終了するため、シミュレーターのようなツールを使って準備をすることは非常に重要。シミュレータードライバーとしてチームを支援することを楽しみにしている」とコメントしている。

 2018/19年のフォーミュラEは12月15日、サウジアラビアで開幕戦が行われる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します