現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレンF1の『政治的な駆け引きとサポートの欠如』によって、不振から抜け出せなかったバンドーン

ここから本文です
スポーツ 2018.11.27

マクラーレンF1の『政治的な駆け引きとサポートの欠如』によって、不振から抜け出せなかったバンドーン

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ストフェル・バンドーンは、マクラーレンの政治的駆け引きとサポートの欠如が、2018年の期待外れのパフォーマンスとそれに続くF1からの離脱の原因となったと考えている。

 ベルギー出身のバンドーンは、2017年にマクラーレンからF1に参戦した際、最も有能な若手の一人だと目されていた。

    地力で参戦資金を集め、2019年のFIA F2再挑戦を勝ち取った松下信治の『人間力』

 しかしチームの悲惨な状態とチームメイトであるフェルナンド・アロンソの存在がプレッシャーとなり、26歳のバンドーンは自身のパフォーマンスを上げることができなかった。

 パドックの多くの人々は、バンドーンのジュニアカテゴリーにおける素晴らしい成績を考えると、彼がF1で開花できなかった理由をどう理解したらいいのか分からなかった。

 しかしバンドーンは、F1で不振だった理由のひとつとして、マクラーレンの舞台裏で起きていたことをほのめかしている。

「舞台裏で起きていたことのすべてを誰もが見てはいないだろう。すべての政治的な駆け引きをね」とバンドーンは、ベルギーの日刊紙La Dernière Heureに語った。

「すべてを話すことはできないけれど、たぶん想像できるんじゃないかな。個人的には後悔はないよ。できる限りの仕事をやったからね」

 またバンドーンはマクラーレンの明らかなサポートの欠如に疑念が生じたことも指摘した。

「いくつかの場面で、チームへの信頼感が感じられない時が多くあった。彼らが他のドライバーと同時に交渉していると知りながらパフォーマンスを発揮したり、最高の力を出すのは、いつだって簡単なことじゃない。でも諦めずにいくつか良いレースをやって僕はシーズンを終えた」

 バンドーンはアブダビGPのヤス・マリーナでF1に別れを告げ、今後はフォーミュラEに焦点を向けていく。彼はメルセデスが関与しているHWAチームから12月に開幕する同シリーズに参戦するのだ。

 それはバンドーンにとって、F1からの一時的な流浪となるのだろうか?その質問にバンドーンは、「分からない。でも人生には驚くようなこともある。もしかしたらいつかまたここで会えるかもね」と返事を返した。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

TOKYO AUTOSALON 2019

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します