現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ラストレースで見どころある走り繰り広げたドライバーたち【今宮純のF1アブダビGP分析】

ここから本文です
スポーツ 2018.11.27

ラストレースで見どころある走り繰り広げたドライバーたち【今宮純のF1アブダビGP分析】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1第21戦アブダビGPは、メルセデスのルイス・ハミルトンが勝利し有終の美を飾った。F1ジャーナリストの今宮純氏がアブダビGPを振り返る。

------------------

    F1 Topic:F1への夢を追い求める山本尚貴。ホンダ山本MS部長、まずはF1マシンでのテスト走行を検討

 エキシビジョンマッチ(模範試合)のようだったF1最終戦アブダビGP、勝つべくして五冠王ハミルトンがフィナーレをしめくくった。2位にセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、3位にマックス・フェルスタッペン(レッドブル)。表彰台に三者この並びは今年初めてだが2018年シーズン後半戦の“縮図”と言えるだろう。

 完璧なスタートからまたハミルトン・ショーは始まった。最近の彼にはまったく誤差などない。自分がシグナルに合わせるのではなくて、シグナルを自分に合わせているかのように見えてしまう。集中の密度、この精確なダッシュを平然とくりかえすメンタルはさすが。

 以前は何度もポールポジションから出遅れて、自ら苦戦状況になったのに2018年はそうではない。個人的にはこのスタート精度の向上を特筆する。

 土獏地帯にあるヤス・マリーナ・サーキット、海沿いだが気まぐれな風による砂ぼこりが舞うところだ。しかしクリーンエアな先頭者には“後方乱流”など無関係。

 たちまち2番手ボッタスを2.8秒リード、バーチャルセーフティカー状態になると7周目に早くもスーパーソフトタイヤに交換。これでこのままいけるというチーム判断、その指示に応じたハミルトン。メルセデスと彼の“連携力”がはっきり表れた。こういうプレーをフェラーリはできなかった……。


 ピットストップ後のハミルトンは、5番手に下がってからもたんたんとマイペースを刻み、中盤パラパラ雨が落ちてきても焦らずに好タイムを連続。前方他車がピットストップした後に34周目からトップに立つと、ゆうゆうたる独走へ。まさに『チャンピオンズ・ラン』そのもの、勝つべくして勝った今季11勝目、ハミルトンの凱旋レースだった。

 王者とは違いそれぞれの“謝恩レース(?)”が最終戦で見られた。メルセデスとハースの2チーム4名は不変のままだが、他に異動する者が10名以上いるのはめったにない2019年への大変動である。さまざまなセレモニーが週末に行われ、レース中にも見どころがあちこちで繰り広げられた。

■キミ・ライコネンはフェラーリのラストランで無念のリタイア


*キミ・ライコネン(フェラーリ)
 無念のリタイア4度目、マシントラブルはベッテルにはなかったのに彼だけだ。でも怒ることなくすごすご退散、キミらしいふるまい。

*フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
 トラック・リミット違反を3度、最後に思い切ってやっちゃえプレーか(?)。11位ゴール後にチャンピオンそろい踏みのシンクロナイズド・ドーナツ・ターン。アドリブにしてもお見事(!)。

*ダニエル・リカルド(レッドブル)
 ダメもとでも中盤に意地のトップランを、また止まらなくてよかった。

*マーカス・エリクソン(ザウバー)
 同郷の先輩エイエ・エルグに見守られながらもリタイア。今季の9点獲得は自己ベスト、来季インディへの手土産に。

*ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
 今季まれな接近戦を展開、フェアな14位バトルにGP2王者時代を久々に見られた気がする。

*カルロス・サインツJr.(ルノー)
 Bリーグ首位の6位によって、ルノー・ワークス4位を固めた。レース巧者らしくなった。

*セルゲイ・シロトキン(ウイリアムズ)
 今季最後のレースも最悪、ロシアのモータースポーツへの期待感が薄れる結果になりそうだ。

*ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)
 欲求不満か、戦えきれずに46周リタイア。本音で今年終盤のホンダをどう思っているのか、2019年に向けて期待半分・不安半分なのか(?)……。

*エステバン・オコン(フォース・インディア)
 バトルを序盤にフェルスタッペンと展開。デビュー連続完走記録が一時話題になったが実は、荒っぽいスタイル、それが今年ブラジルで出たようで。

*シャルル・ルクレール(ザウバー)
 同年代の中でとくに光る賢さ、イタリア語はベッテルよりはるかにぺらぺら(!)。腕も頭も秀逸、あとはフィジカルだけか……。

*ロバート・クビカ(ウイリアムズ)
 フリー走行1回目を走行(最下位)し来季テスト開発に専念、ウイリアムズ復興への第一歩を。

 いつもとは違う“真実のゴール”に向け、20人それぞれが走った最終戦アブダビGP。達成感と虚脱感、ゴージャスな光景のなかでのリアルな人間光景だったーー。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します