現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FP3で接触のグロージャンとガスリー、お咎めなし。白線カットのライコネンは戒告処分|F1アブダビGP

ここから本文です
スポーツ 2018.11.25

FP3で接触のグロージャンとガスリー、お咎めなし。白線カットのライコネンは戒告処分|F1アブダビGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アブダビGPのフリー走行3回目にロマン・グロージャン(ハース)とピエール・ガスリー(トロロッソ)が接触した件は審議の結果、どちらにもペナルティは科されなかった。


 ガスリーはFP3終了直前、ハイパーソフトタイヤで予選シミュレーションを行なっていたが、スロー走行していたグロージャンに遭遇。これでアタックを中止したガスリーは、怒りを露わにした。

    ■F1アブダビGP予選レポート:王者ハミルトン、今年最後も驚速ポールポジション。トロロッソ勢には試練の予選

 その後両車は減速。しかしグロージャンはガスリーのマシンが見えていなかったのか、コーナーに向けて同時にターンインしていき、グロージャン車の右フロントタイヤとガスリー車の左側バージボードが接触、ガスリー車からパーツが脱落してしまった。


 スチュワードはセッション後、両ドライバーを召喚し事情聴取を行なった。その結果、スチュワードはペナルティを出さないことを発表。この判断について、次のように声明を出した。

「10号車のドライバー(ガスリー)は、8号車のドライバー(グロージャン)について、自分のことが見えていないとは思っていなかったと認めた。さらに両車の速度差が時速120km以上あったことも注目に値する」

「8号車のドライバーは無線でチームから警告を受けておらず、急速に近づいた10号車は見えなかった」

「彼は10号車が近づいていることは知っていて、完全にトラック外に逃げるつもりだったと話した。この接触は、スピード差が非常に大きかったため、避けがたいものであった」

 また、FP3でピット入り口のホワイトラインを横切ったとして、キミ・ライコネン(フェラーリ)に戒告処分となったが、今季1回目であるためグリッド降格ペナルティなどは科されていない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Adam Cooper)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します