現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ・ホンダのガスリー、前戦ノーポイントのリベンジを期す「チームはあらゆる部分を修正する必要がある」|F1アブダビGP

ここから本文です
スポーツ 2018.11.22

トロロッソ・ホンダのガスリー、前戦ノーポイントのリベンジを期す「チームはあらゆる部分を修正する必要がある」|F1アブダビGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブラジルGPでポイントを獲得できなかったピエール・ガスリーは、アブダビGPでそのリベンジをするためにも、トロロッソがあらゆる点で改善しなければならないと考えている。

 ガスリーは前戦ブラジルGPで予選Q3に進んだものの、決勝は13位でフィニッシュ。チームメイトのブレンドン・ハートレーも11位と、ポイント獲得はならなかった。

    ■マクラーレン、F1離れるアロンソのため特別カラーのマシンを準備。ヘルメットのカラーリングをモチーフに|F1アブダビGP

 決勝での思わぬパフォーマンス不足にガスリーは混乱。なぜ予想よりも競争力を発揮できなかったのか、その理由を理解するためにも、チームは全てのエリアを見直す必要があると彼は語った。

「ブラジルは本当にパワーが重要なサーキットだ。特に最後のストレートはのぼりのセクションだから。でも、僕たちは全体的なパフォーマンスにかなり失望したというのが正しい」

「予選は問題ない。Q3に進出するのは簡単なことではなかったけど、それができたのは素晴らしい。でも決勝では本当にパフォーマンスが悪く、現時点でそれに対する答えがない。僕たちは全てを修正する必要がある」

 ガスリーは、ホンダのパワーユニットのパワー不足がブラジルでの苦戦の一因だったことは受け入れつつも、それだけでは説明がつかないと考えているのだ。

「僕たちはダウンフォースを増やして、(ブラジルGPの)週末を過ごすことを決めたけど、コーナーで苦戦するようになってしまった。マシンのスライドが多くなれば、タイヤの性能劣化も進む」

「エンジンの面でアドバンテージを持っていれば、ストレートでタイムを稼いでギャップを作り、コーナーが少し遅くても最終的には良いラップタイムが残せる。だけどタイヤに入力するエネルギーが減り、タイヤの温度が下がってしまう」

「現時点で、メルセデスとフェラーリにはエンジンの面で劣っている。僕はルノーよりも少し難しい状況にあるのではないかと思う」

 ホンダが改善を速める必要があると考えているかと訊くと、彼は次のように答えた。

「彼らが現時点で何をしているか分かっている。僕たちにできることは何もない。現時点でパフォーマンスが足りないことは、彼らも分かっている。彼らはそれについて本当に客観的だ」

「来年に向けてあらゆることができる。だから来年に向けたアップグレードをテストするんだ。アブダビ用ではなくてね」

「彼らは本当に一生懸命なので、来年僕たちはさらに一歩前進できると思っている。だけど数週間や数カ月でその差をリカバーできるわけじゃないし、時間を与えなければならないんだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します