現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マカオGP連覇のティクトゥム、アブダビでF2デビューが決定。福住仁嶺とチームメイトに

ここから本文です
スポーツ 2018.11.21

マカオGP連覇のティクトゥム、アブダビでF2デビューが決定。福住仁嶺とチームメイトに

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先週行われたF3のマカオGP。優勝を果たしたのは、レッドブル育成ドライバーのダニエル・ティクトゥムだった。ティクトゥムはこれで、昨年に続きマカオ2連覇を達成した。

 そのティクトゥムは、今週末に行われるF2のアブダビラウンドに参戦することが決まった。彼はアーデンに加入し、マキシミリアン・ギュンターを置き換えることになる。チームメイトは福住仁嶺だ。

    ■最高位は宮田莉朋の13位……全日本勢が、マカオF3で大苦戦した理由

 F2に参戦するため、ティクトゥムはマカオからアブダビに直行するという。

 今週早々、F2に参戦する可能性について尋ねられたティクトゥムは、「僕も同じように(F2を)やってみたい」とmotorsport.comに対して語った。

 今季のアーデンのふたりのドライバーは、来シーズンはチームを離れるものとみられている。ギュンターはドラゴン・レーシングに加入しフォーミュラE参戦が決定。福住もスーパーフォーミュラに戻る可能性が高いと言われる。

 なおアーデンは、レッドブル・レーシングのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーの父親であるゲーリー・ホーナーが運営しているチームであり、レッドブル育成のティクトゥムが加入するのは、ある意味当然とも言える。

 現在ティクトゥムは、来季トロロッソからF1デビューする可能性も囁かれている。マカオを勝ったティクトゥムだが、彼が現在手にしているスーパーライセンスポイントは35。発給に必要な40までにはまだ5ポイント足りない。しかしながら、ニュージーランドのトヨタ・レーシング・シリーズなど冬季のカテゴリーに参戦することで、残り5ポイント以上を獲得しようとしているのではないかと見られている。

 トロロッソのシートを争う上でのティクトゥムのライバルと目されるのが、今季のF2でチャンピオンの可能性を残しているアレクサンダー・アルボンである。アルボンはニッサン・e.ダムスのドライバーとしてフォーミュラEに参戦することが決まっていたが、レッドブルとニッサン・e.ダムスが、契約の譲渡について交渉していると言われている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jack Benyon)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します