現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フォーミュラEに転向のバンドーン「F1復帰について考えず、新たなチャレンジに集中する」

ここから本文です
スポーツ 2018.11.16

フォーミュラEに転向のバンドーン「F1復帰について考えず、新たなチャレンジに集中する」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンのストフェル・バンドーンは、2018年末でF1を離れ、フォーミュラEに転向する。この2年、F1で力を発揮できなかったことを残念がっているバンドーンだが、今シーズン終了後は新たな活動に集中し、F1復帰については当面は考えないと語った。

 バンドーンはマクラーレンの育成ドライバープログラムのメンバーとしてGP2に参戦し、2015年にタイトルを獲得。2016年にはスーパーフォーミュラにフル参戦しつつ、マクラーレンF1チームのリザーブドライバーを務め、第2戦バーレーンでは負傷したフェルナンド・アロンソの代役としてF1デビューを飾った。2017年にマクラーレンのレギュラードライバーに昇格したバンドーンだが、この2シーズン、競争力の乏しいマシンで力を発揮することができず、今季末でチームを離れることが決まった。

    バンドーン、フォーミュラEへの転向を発表。パフェットとともにHWAレースラボから参戦

 バンドーンはHWAレースラボと契約、フォーミュラE参戦へと活動の場を切り替えることになる。彼はマクラーレンにおいて最高のパフォーマンスを発揮できなかったことが残念だったと認めた。

「この2シーズンは間違いなくベストだったとは言えない」とバンドーンはブラジルGPの木曜のFIA公式記者会見で語った。

「ジュニアシリーズの時代にはマクラーレンと素晴らしい時間を過ごした。僕がF1に足を踏み入れるため、彼らは多くの支援をしてくれた」

「F1での2年は、経験の面では良いものだったが、もっと上位で戦いたかった」

「F1に昇格したタイミングはよかったし、良いチームに入り、良いサポートを受けたと思う。でもこの2年における僕たちの競争力は素晴らしいものではなかった。もっと上位で戦えたらよかったね」

 将来F1に戻ってくる可能性があるのかどうかについてバンドーンは「それを話すのは難しい」と語った。

「僕は新たな挑戦を始めるところだし、それをとても楽しみにしている。HWAからのフォーミュラE参戦をね。僕はそこで最高の仕事をすることに集中する」

「将来起こることについて、この時点で話すのは難しい。今年の夏のドライバー市場は少々混乱していて、誰も何が起きるか予想できなかった」

「この先もそのような状況が起きるかもしれないし、何が起きるかは誰にも分からない。でも今は僕はフォーミュラEに集中していて、そこで最高の仕事をするつもりだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します