現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ザウバーが若手ドライバー育成プログラムを設立。チャロウズとの提携のもと、ジュニアカテゴリーからF1への道筋作る

ここから本文です
スポーツ 2018.11.15

ザウバーが若手ドライバー育成プログラムを設立。チャロウズとの提携のもと、ジュニアカテゴリーからF1への道筋作る

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ザウバー・モータースポーツは、F2やF4に参戦するチャロウズ・レーシング・システムとの提携のもと、若手ドライバーの育成プログラムを設立することを発表した。

 ザウバーは近年、パワーユニットパートナーであるフェラーリのドライバー育成プログラム、フェラーリ・ドライバー・アカデミーのメンバー、シャルル・ルクレールやアントニオ・ジョビナッツィを起用し、F1デビューの機会を与えている。

    ザウバーの女性テストドライバーが初のF1走行。「パワーに驚いた。信じられないような経験」

 しかし2019年以降に向けて、ザウバーはチャロウズとのパートナーシップにより自前のジュニアプログラムを持つことになった。ザウバーは「ザウバー・ジュニアチーム」という名称のプログラムにおいて、2019年から育成ドライバーをチャロウズによりFIA F2、F3、ADACフォーミュラ4選手権、イタリアF4選手権に参戦させ、スキルを向上させるためのサポートを行う。

「レースはザウバー・モータースポーツのDNAに不可欠な部分であり、ザウバー・ジュニアチームは、我が社の歴史にとって重要な節目となる」とザウバーF1チーム代表のフレデリック・バスールは述べた。

「ザウバーにはポテンシャルを最大限に伸ばすようドライバーを支援してきた長い歴史があり、ミハエル・シューマッハー、セバスチャン・ベッテル、スター候補のシャルル・ルクレールなどと仕事をしてきた」

「このプロジェクトにより、ザウバーはジュニアシリーズからモータースポーツの最高峰にいたる完全な専用プログラムを形成、レースの基盤をさらに拡大する」

「チャロウズ・レーシング・システムと提携できることに喜んでいる。彼らはプロフェッショナルで高度なチームであり、すべてのシリーズでの運営に成功を収めている」

 ザウバーは今年、女性ドライバー、タチアナ・カルデロンをテストドライバーに起用し、サポートしている。2019年シーズンのF1ラインアップは、ジョビナッツィとキミ・ライコネンに確定している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します