現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 佐藤琢磨インタビュー「応援したくなるような、魅力的なドライバーが育つ過程を手伝いたい」SRSのプリンシパルに就任した想いを訊く

ここから本文です
スポーツ 2018.11.8

佐藤琢磨インタビュー「応援したくなるような、魅力的なドライバーが育つ過程を手伝いたい」SRSのプリンシパルに就任した想いを訊く

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 佐藤琢磨が鈴鹿サーキット・レーシングスクール(SRS)のカート部門(SRS-K)とフォーミュラカー部門(SRS-F)のPrincipalを務めることになった。25年の歴史を数えるSRSの、再出発とも言える。

 佐藤が率い、そして中野信治がVice Principalとしてサポートする新生SRS。佐藤はどんな未来、そして育成プランを思い描いているのか? 話を訊いた。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

「これまで、SRSは日本のモータースポーツやホンダに大きく貢献してきました。僕もSRSを卒業して、その後の後輩たちの中にも非常に優秀なドライバーがいます」

 そう佐藤は語る。

「しかし、海外や世界で活躍できるドライバーは、この25年の中で数えるほどしか出てきていない。その現状を変えたいというお話をホンダさんからもらった時、現役ドライバーの僕にはできないこととできることがありますが、精一杯サポートしたいと思いました」

「僕と中野さんという現役ふたりをトップに持ってくることで、カリキュラムも含め、今までやってきたことを一歩引き上げ、そしてサポートしていきたいです。僕らなら、今のレースの世界を、ダイレクトにお伝えできるのではないかとの思いもありました」

「僕もまだ一生懸命現役をやっていますけど、後進のこともずっと気になっていました。次の、すぐにバトンを渡せるドライバーもそうですし、その先にいる子たちがいかにして今後のホンダや日本のモータースポーツを支えていくか、そこに貢献したいと考えたのです」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 田中健一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します