現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2戦連続で不運なリタイアを喫しているアロンソ。ブラジルGPでは「クリーンなバトル」を切望

ここから本文です
スポーツ 2018.11.6

2戦連続で不運なリタイアを喫しているアロンソ。ブラジルGPでは「クリーンなバトル」を切望

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ここのところフェルナンド・アロンソは生産的な週末を過ごせていない。直近のF1第18戦アメリカGP、第19戦メキシコGPの2連戦では、チェッカーフラッグを見ることができずレース序盤でリタイアを喫している。

 2018年シーズン限りでF1引退を発表しているアロンソは、F1で過ごす時間が終わりに近づきつつある。そのため、サンパウロ郊外で開催される第20戦ブラジルGPと最終戦アブダビGPの2戦を、良い形で戦いたいと希望している。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

「インテルラゴスに戻ることに興奮している。インテルラゴスは素晴らしいコースだし、僕はここでのレースをいつも楽しんできた」とアロンソはブラジルGPを前に語った。

「いくつもの偉大なレースが行われてきたコースだし、ここでのレースは常に予想がつかないものなんだ」

「残りのふたつの週末を楽しみにしている。マシンのパフォーマンスを最大限にするため懸命な取り組んできたが、結果を残せていない。今週末もパフォーマンスを引き出すことに集中したい」

 オースティンにおけるアロンソのレースは、スタート直後にすぐに終わってしまった。オープニングラップでランス・ストロール(ウイリアムズ)と接触したことでリタイアを喫したのだ。

 37歳のベテランであるアロンソは、メキシコでも同様に運に恵まれず、エステバン・オコン(フォース・インディア)がシャルル・ルクレール(ザウバー)に追突したことで発生したデブリに引っかかったことで、オーバーヒートが発生し、たった3周でリタイアを余儀なくされた。

「この数戦では戦うチャンスがなかったから、クリーンなバトルをして、何が可能か示せることを望んでいるよ」

「ブラジルのファンはいつもとても情熱的だし、インテルラゴスがモータースポーツの世界でも非常に有名な、伝説的なコースのひとつであることは明らかだ」

「偉大なチャンピオンたちがこのコースを走ってきた。今年のマシンでなら、これまでよりも速く、よりエキサイティングに感じると思うよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • cam*****|2018/11/07 07:35

    違反報告

    引退宣言をしたアロンソは、他のドライバーにとって邪魔者扱いなのでは?
    来期の事も考えて少しでも上位を狙っているドライバー達は、引退宣言後のアロンソには遠慮しなくなってるのかもね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します