現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > インドネシア、2021年よりストリートサーキットでMotoGPを開催か

ここから本文です
スポーツ 2018.11.3

インドネシア、2021年よりストリートサーキットでMotoGPを開催か

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インドネシアは、2021年より国の中部に位置するロンボク島のストリートサーキットでMotoGPを開催することを目指しているという。

 先月、ドルナスポーツのCEOであるカルメロ・エスペレータを含む調査団がロンボク島を訪れた。インドネシアでのグランプリ開催に関するアナウンスは、今週末にも発表されるものとみられている。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 レース開催地としての契約は、『Vinci Construction』という会社が行った。彼らは、ロンボク島南部の商業地区マンダリカの周辺131ヘクタールをサーキットに割り当てている。

 Vinci Constructionはグランプリへの投資グループのトップを務めることにもなり、おおよそ9億ユーロ(約1160億円)の寄付金を払うようだ。

 もし計画の期間内にトラックが完成すれば、MotoGPは世界で最も大きな2輪マーケットのひとつであるインドネシアでレースを開催することになる。

 エスペレータは昨年初めて、ロンボク島のストリートサーキットでレースを開催することをほのめかしていた。

「都会のサーキットでMotoGPを開催することは可能だ」と彼は話した。

「とある温暖な都市において計画がある。理論上は、トラックのストレートは都会にあり、パドックはエキシビジョンセンターに統合されるだろう」

「したがってこのエリアは、グランプリ開催中はMotoGPのために使用され、それ以外の時期は様々な用途に使われることになる」

 なお、フィンランドやメキシコもMotoGPのカレンダーに加わるのではないかと報じられていたが、2019年のカレンダーには組み込まれておらず、来年も19戦となっている。

 エスペレータはmotorsport.comに対し、「2021年までは、1年間に20を超えるレースを開催するつもりはない。それ以降は、状況を見てみよう」と語った。

「レースを開催したいと、多くのサーキットから要望を受けている。契約を結んでいる人々を尊重するが、彼らとは交渉しなければならないだろう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Oriol Puigdemont)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します