現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPマレーシアGP予選:スコールでコンディション急速悪化、Q1が赤旗中断に

ここから本文です
スポーツ 2018.11.3

MotoGPマレーシアGP予選:スコールでコンディション急速悪化、Q1が赤旗中断に

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGP第18戦マレーシアGPの予選は、雨によるコンディション悪化によりセッションが赤旗中断となっている。


 予選の前に行われたFP4は、雲間から太陽がのぞくようなドライコンディションでスタートしたものの、セッション残り15分ほどのタイミングで一気に雨粒が落ちてきた。これに足をすくわれ、ヤマハのマーベリック・ビニャーレスが転倒するなど、クラッシュが立て続けに発生。転倒を免れたライダーは予選に向けて、レインセッティングを施したバイクの感触を確かめた。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 雨は降り止まず、コンディションは悪くなっていく一方。そんな中でも定刻通りに15分間の予選Q1がスタートするが、KTMのブラッドリー・スミスが走行中止を訴えるほど雨量は多く、セッションは残り12分58秒で赤旗中断となった。


 その後はさらに雨が強まり、サーキットは完全にスコール状態に。バケツをひっくり返したような雨が降り注ぐ中、全車が注意深くピットに戻り、コンディションの回復を待っている状態だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します