現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 関口雄飛、2018年マカオF3にB-MAX Racingから参戦。「レーサーとして気持ちは燃えている」

ここから本文です
スポーツ 2018.11.2

関口雄飛、2018年マカオF3にB-MAX Racingから参戦。「レーサーとして気持ちは燃えている」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月15~18日にマカオ市街地のギア・サーキットで開催される第65回マカオグランプリ内で行われるFIA F3ワールドカップに関口雄飛の参戦が決定。「F1を目指す若手F3ドライバーたちのピリピリとした雰囲気のなかに自分を投げ込むことで刺激を受け、レーシングドライバーとしてつねに新しい挑戦を続けていきたい」と意気込みを明かした。

 2018年はスーパーGT500クラスと全日本スーパーフォーミュラ選手権、そしてインタープロトシリーズに参戦している関口。マカオF3には全日本F3選手権でチャンピオンを獲得した2011年のほか、2013年、2015年、2017年とこれまで4回参戦している。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 第65回大会について関口は当初、2年連続チャンピオン獲得を目指し、開催日程が重複しているインタープロトシリーズ最終戦に出場する予定だったが、B-MAX RacingからマカオF3参戦の誘いを受けたという。

 2連覇のかかるインタープロトとF3の世界一を決めるマカオF3、どちらに参戦するか決断を悩んでいたという関口だが、「(インタープロトで所属する)G.C.R.Tの大庭先生(チームオーナー兼ジェントルマンドライバーの大庭英信)、そして(エントラント兼監督)の黒澤(琢弥)監督が“世界で勝ってこい”と快く背中を押してくれました」とマカオF3参戦を決断した。

「今年もマカオF3参戦が決まり、レーサー関口雄飛として気持ちは燃えています。F1を目指す若手F3ドライバーたちのピリピリとした雰囲気のなかに自分を投げ込むことで刺激を受け、レーシングドライバーとしてつねに新しい挑戦を続けていきたいと思っています」

「日本のチームとして参戦するB-MAXの組田(龍司)社長のためにも、必ず日の丸を掲げ、表彰台に立って君が代を聴きたいです」

「国際的な流れで、来年のマカオF3がどうなるかわからない以上、今回で最後の挑戦だという気持ちで、精一杯、マカオの市街地サーキットで、僕の速さを見せたいと思っています。応援よろしくお願いします」

 なお、B-MAX Racingは第65回マカオグランプリのFIA F3ワールドカップに関口のほか、アレックス・パロウ、DRAGONも起用して3名体制で挑む。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します