現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > タイトル獲得の望みが絶たれたベッテル「契機はF1シンガポールGPだった」と振り返る

ここから本文です
スポーツ 2018.10.31

タイトル獲得の望みが絶たれたベッテル「契機はF1シンガポールGPだった」と振り返る

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェラーリF1のセバスチャン・ベッテルは、2018年シーズンのルイス・ハミルトンとのタイトル争いにおいて、自らの足場を失う転換点となったのはシンガポールGPだったと考えている。

 最大のライバルであるハミルトンとベッテルは、夏の終わりまでは接戦を繰り広げていた。しかし、その後はハミルトンが優位に立ち、今季あと2戦を残したメキシコGPで5度目のドライバーズタイトルを手中にしている。

 2018年シーズン前半は優勢だったベッテルだが、その後はレース中のアクシデントやチームの判断ミスが続いたこともあり、ポイントランキングでハミルトンの逆転を許した。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 中盤までは十分なリードを広げていたドイツGPでの手痛いミスと、イタリアGPでの1周目の失態により、ベッテルはかなりのポイントを取りこぼした。だがベッテル自身は、2018年の戦いを振り返ったとき、その行方を決定づけたのはシンガポールGPだったと考えている。

「僕にとっては、シンガポールのほうがより決定的だった」とベッテル。

「シンガポール以降の数レースは、メルセデスについていけるだけのペースを得られていなかった。それに加えて、僕たちの助けにはならないような出来事もいくつか起きていた。チームがミスを犯し、僕個人がミスを犯し、結果としてポイントを稼げなかったんだ。プラスになる要素がなかった」
「ドイツで起きたことについては、自分をひどく責めようとは思わない。今季はもっとずっと大きなミスも犯しているからね。ただ、あのミスが最も高くついた」

「残念ながら、あれもレースの一部なんだ。プッシュしようとするときに、少しやり過ぎてしまうことがある。しかも僕はあのとき、間違ったコーナーを選んでしまっていた」

 2019年シーズンは「メルセデスを王座から追い落とす」と決意しているベッテルだが、その前にまずは、コンストラクターズ選手権でフェラーリがメルセデスに勝つために、残されたチャンスに集中していくという。

「これからの2週間で、自分たちの力をあらためて証明できる可能性はあると思う。僕たちはチームのために戦うつもりだし、メルセデスを捉えていればチャンスはあるよ」とベッテル。

「もう少しポイントを獲得する必要はあるけれど、アメリカGPは良い展開だったし、前戦のメキシコGPも良かった。だから、最後の2レースでも同じような戦い方を続けられればいいね」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します