現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 手応えが結果に繋がらず、トロロッソ・ホンダのハートレー「接触とペナルティがなければポイントも……」|F1メキシコGP

ここから本文です
スポーツ 2018.10.29

手応えが結果に繋がらず、トロロッソ・ホンダのハートレー「接触とペナルティがなければポイントも……」|F1メキシコGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、F1メキシコGPを14番手からスタート。12番手でチェッカーを受けたもののペナルティで最終結果は14位となり、ポイント獲得はならなかった。


「スタートはうまく決めることができたと思うけど、4コーナーに差し掛かったとき、ブレーキ直前に他のマシンに前方に入られてしまい、ブレーキをロックさせてスーパーソフトタイヤにフラットスポットを作ってしまった。残念なことにそれが原因で1周目でピットに入らなくてはいけなくなってしまった」

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 チームのプレスリリースにそう語ったハートレー。今回持ち込まれたタイヤの中でも最も硬いスーパーソフトタイヤでスタートしたが、緊急ピットインを余儀なくされ大きくタイムをロスすることになってしまった。


 多くのドライバーがタイヤの管理に苦労したメキシコGPだったが、ハートレーはうまくマネージメントできていたと言う。しかし背後から迫ってきたエステバン・オコン(フォースインディア)を抑えた際に接触。マシンにダメージを抱えたばかりか、この件で5秒のタイム加算ペナルティを科されてしまった。

「緊急ピットインの後は、1ピットストップ戦略でレースの残りを順調に走ることができた。タイヤマネージメントもうまくでき、手堅いレースだったと思う」

「オコンを必死で抑えたときの接触が原因となり、5秒のペナルティーが科されてしまい、とても悔しい結果となってしまった」

 マシンの感触自体は悪くなかったと話すハートレー。1周目の緊急ピットイン、オコンとの接触とペナルティがなければポイント獲得も狙えたと、悔いの残るレースとなった。

「接触によるマシンのダメージとペナルティーがなければ、ポイント圏内でレースを終えることも可能だったのではないかと思う」

「マシンのペースも良かったので、最初の周回でのフラットスポットさえなければ、さらに上位を狙えたかもしれない。結果が伴わなかったので残念だけど、この週末のマシンの手応えはポジティブに感じた」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します