現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRC:第12戦スペインのシェイクダウンでヌービルのマシンが横転。オジエ最速、トヨタ2番手

ここから本文です
スポーツ 2018.10.25

WRC:第12戦スペインのシェイクダウンでヌービルのマシンが横転。オジエ最速、トヨタ2番手

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WRC世界ラリー選手権は10月25日、第12戦スペイン開幕前のシェイクダウンが行われ、セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)がトップタイムをマークした。このシェイクダウンではポイントリーダーのティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)がマシンを横転させるクラッシュを起こしている。

 ラリー・スペインのシェイクダウンは、サービスパークが設けられるスペイン・サロウ近郊で開催。グラベル(未舗装路)とターマック(舗装路)が入り交じる2kmのミックスステージで行われた。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 ヌービルは2回目の走行開始直後、スタート地点からわずか500メートル先の右コーナーでマシンを横転させてしまった。現地18時過ぎには開幕ステージのSS1が予定されているため、チームクルーはマシンを急ピッチで作業を行い、マシンを修復している。

 ヌービルは「直角に曲がる右コーナーだった。コーナーに差し掛かったとき、1回目に走行した時よりわだちが深くなっていたんだ」とアクシデントの状況を説明している。

「マシンが(片側)二輪で走行するような状況になってしまい、なんとか体勢を立て直そうとしたんだけどダメだった。もちろんシェイクダウンでは、もっといい結果を期待していた」

「ただ何年か前のラリー・ドイツでもシェイクダウンでクラッシュしたことがあるんだけど、そのときは優勝することができたんだ。これも幸運の前触れかもしれないよ。週末、いいことが起こることを願う」

 シェイクダウン最速だったのはヌービルとチャンピオン争いを繰り広げているオジエで、3回目の走行で記録した1分34秒9がトップタイムだった。

 その0.3秒差の2番手には、ここ数戦連続で表彰台を獲得しているヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)が続き、3番手にはテーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)がつけている。

 シトロエンからシーズン3度目のスポット参戦を果たすセバスチャン・ローブ(シトロエンC3 WRC)は4番手、エサペッカ・ラッピ、オット・タナクのトヨタ・ヤリスWRC勢が5~6番手で続いている。

 また、トップのオジエから2.3秒遅れの10番手にはWRC2を戦うフォルクスワーゲンのペター・ソルベルグ(フォルクスワーゲン・ポロGTI R5)がつけたほか、スポット参戦のケン・ブロック(フォード・フィエスタWRC)は15番手だった。

 WRC第12戦スペインはこのあと、現地18時8分(日本時間26日1時8分)ごろにSS1が行われて開幕する。

Neuville rolls in Spain warm-up - https://t.co/N5sxHB6BOt pic.twitter.com/j3A3Wwe7MM— WRC (@OfficialWRC) 2018年10月25日


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nan*****|2018/10/25 22:10

    違反報告

    正直言ってタイトル獲得が見える位置に来るとは思わなかったけど、凄いなトヨタ。
    ル·マンとWRC同年でチャンピオン獲ったメーカーは恐らく無い筈。
    チャンピオンを獲得出来ます様、あと次期ヤリスGRMNは巨大ウイングのラトバラレプリカで宜しく。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します