現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデス、フェラーリからの抗議を避けるため、アメリカGPでホイール小変更。これが失速の原因? 

ここから本文です
スポーツ 2018.10.24

メルセデス、フェラーリからの抗議を避けるため、アメリカGPでホイール小変更。これが失速の原因? 

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アメリカGPでは、リヤタイヤの温度管理に苦労し、ブリスターを発生させることになってしまったメルセデス。その取材を進めていく中で、チームはこのアメリカGPに向けて、リヤホイールのデザインに微調整を行ってきたことが分かった。

 メルセデスがベルギーGPに投入してきた新型のリヤホイール。リムには数多くの突起が並び、スポークのホイール中心側には開口部が設けられた複雑な形状のモノである。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 このホイールのデザインにより、メルセデスはリヤタイヤのオーバーヒートを避けることができるようになったとも言われており、シーズン後半戦での同チームの躍進を手助けする一因になっているとも考えられている。

 しかしこのデザインについてフェラーリが疑問視。アメリカGPを前に、FIAに対してルールの明確化を求めた。

 2012年、レッドブルは気流を整えるための開口部が取り付けられたホイールハブを採用。しかしこれは、可動空力パーツに当たるとして、使用が禁じられるということがあった。フェラーリは今回メルセデスが使用しているホイールが、2012年のレッドブルの事例とどう違うのか、その理由を明らかにするよう求めたのだ。

 FIAはフェラーリの求めに応じて、メルセデスのホイールを調査。その結果、同チームのホイールは合法であると結論付け、フェラーリとメルセデスにその旨を通知した。

 しかしある情報筋によれば、フェラーリはFIAの説明に不満を持ち、その解釈に疑問を呈したという。

 そのためフェラーリは、アメリカGPのレース後に公式に抗議を提出し、問題を表面化させることを目論んでいたという。これについてFIAはメルセデスに対し、そのホイールの設計には疑問点が指摘されており、フェラーリの訴え次第によっては、問題になる可能性があると助言したのだという。

 メルセデスにとって最も安全な選択肢は、問題点が指摘された箇所がすでに解決していることを確認できるよう、ホイールリムを変更することだったようだ。

 FIAは、メルセデスのホイールは合法であるというスタンスに立っている。しかしイベントで抗議が提出された場合、FIAの意見はアドバイスに過ぎず、最終決定はスチュワードに任せられるということになる。

 この微調整が、アメリカGPでのメルセデスのパフォーマンスにどれほどの影響を与えたのかは分からない。しかしルイス・ハミルトンは、タイヤをマネジメントするにあたって、いくつかの予期せぬ要因があったことを示唆した。

「僕らは、クルマにとって理想的ではないいくつかのことによって、2ストップのレースをせざる得なかった」

「レースでそれが起こるかどうかは分からなかった。もしその問題がなければ、タイヤの使い方は大きな問題にはならなかっただろう」

 前述の通り、FIAはメルセデスのホイールのデザインについて合法だと判断していた。そのためメルセデスはメキシコGPに先立ち、さらなる明確化を求める可能性が高い。

 なおハミルトンは、今週末のメキシコGPで5ポイントを獲得できれば、他者の順位に関係なく、2018年のドライバーズタイトルを決めることになる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します