現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ドヴィツィオーゾ、MotoGP日本GP残り2周での転倒に「小さなミスを犯し、大きな代償を払った」

ここから本文です
スポーツ 2018.10.22

ドヴィツィオーゾ、MotoGP日本GP残り2周での転倒に「小さなミスを犯し、大きな代償を払った」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGP日本GP決勝レースの残り2周で、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)が転倒を喫したとき、ツインリンクもてぎではざわめきが起こった。ランキング2番手につけるドヴィツィオーゾが、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)よりも前でフィニッシュできないことが確定したからだ。それはこのレースのチェッカーを待たずに、マルケスが2018年シーズンのチャンピオンになったことを示していた。

 ドヴィツィオーゾが転倒を喫したのは、23周目のヘアピンコーナーだった。ポールポジションからスタートしたドヴィツィオーゾは終盤、6番手からスタートしたマルケスとトップ争いを繰り広げる。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 21周目にマルケスにトップを奪われたドヴィツィオーゾはその後もマルケスの背後にぴたりとつけ、テール・トゥ・ノーズの戦いは、前戦タイGPや昨年の日本GPのようにラストラップまで続くのではないかと思われた。しかし意外にも、その戦いに終止符を打ったのはドヴィツィオーゾ自身だった。

 ドヴィツィオーゾはヘアピンコーナーでフロントを失い、そのままグラベルに滑っていく。再びレースに加わったものの、18位フィニッシュで日本GPを終えた。

「本当にがっかりだ。すべてをかけて、このレースでは勝ちたかったんだ」ドヴィツィオーゾはそうレースを振り返る。

「無理はしていなかったよ。ただ、コーナーをベストな形で立ち上がるために、トライしたんだ。マルケスを抜くためにね。でも、僕は小さなミスを犯してしまった。そして、それは大きな代償を払うことになった」

 ドヴィツィオーゾは、「(ドゥカティのマシンの)加速面はとてもよかった。けれど、コーナー出口でマルクに接近できず、ブレーキングでオーバーテイクすることができなかったんだ」ともmotogp.comのなかで語っている。

 それでも、ドヴィツィオーゾは日本GPでの週末を前向きにとらえている。レース後にドヴィツィオーゾが見せた表情は、冷静さを失っていないものだった。

「この週末は、全体的にポジティブだったよ。僕はとても速かったし、競争力があるとわかったからね」

 2年連続もてぎでマルケスとのバトルを演じ、日本のMotoGPファンを沸かせたものの、無念の転倒に終わったドヴィツィオーゾ。「僕はいいレースをしたけれど、マルケスに対してアドバンテージをつけることができなかった。マルケスを祝福したい。マルケスは今年のチャンピオンにふさわしいよ」と、マルケスのタイトル獲得を祝福した。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します