現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ガスリー「ダメージを抱えながら走行。速さを生かして戦えなかったことが残念」:トロロッソ・ホンダ F1アメリカGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.22

ガスリー「ダメージを抱えながら走行。速さを生かして戦えなかったことが残念」:トロロッソ・ホンダ F1アメリカGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1アメリカGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは14位でフィニッシュした。しかしエステバン・オコンとケビン・マグヌッセンが技術規定違反により失格となったため、12位に繰り上がった。

 ガスリーはパワーユニットを交換したため19番グリッドに降格され、スーパーソフトタイヤを装着してスタート。1周目に14番手に上がり、ダニエル・リカルドがストップした際のバーチャル・セーフティカー下の10周目に早々にソフトタイヤに交換。36周目にもう一度ピットに入り、ウルトラソフトを装着し、14位でチェッカーを受けた。

    ハートレーが9位入賞「最大限のパフォーマンスを発揮し、最後尾からポイントを獲得。チーム全員がいい仕事をした」:トロロッソ・ホンダ F1アメリカGP日曜

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ピエール・ガスリー 決勝=12位
 長く厳しい日曜日だった。19番グリッドからのスタートだったから、難しいレースになることは分かっていた。

 1周目にアクシデントが発生した影響でデブリを拾ってしまい、フロアがダメージを負った。その後、マシンのなかでできる限りのことをしようとしたが、グリップが大幅に低下した状態で走り続けなければならなくなった。2回ストップ戦略で戦ったけれど、今日はできることはあまりなかった。

 予選での1ラップのペースはとてもよかったので、今週末ポジティブな要素があったのは間違いない。でもちゃんと戦うことができなかったのが残念だ。

 それでもこのペースを次のメキシコで再現し、予選をきちんと戦って、チームのためにいい結果を出したい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します