現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハートレーが9位入賞「最大限のパフォーマンスを発揮し、最後尾からポイントを獲得。チーム全員がいい仕事をした」:トロロッソ・ホンダ F1アメリカGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.22

ハートレーが9位入賞「最大限のパフォーマンスを発揮し、最後尾からポイントを獲得。チーム全員がいい仕事をした」:トロロッソ・ホンダ F1アメリカGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1アメリカGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは11位でフィニッシュした。しかし入賞圏内でチェッカーを受けたエステバン・オコンとケビン・マグヌッセンが技術規定違反により失格となったため、ハートレーは9位に繰り上がり、2ポイントを獲得した。

 ハートレーはパワーユニットとギヤボックスを交換してグリッドペナルティを受け、20番グリッドに降格。スーパーソフトを履いてスタートした。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 1周目、いくつかアクシデントがあったこともあり、ハートレーは12番手までポジションを上げた。その後、56周のレースの27周目までピットストップを遅らせ、1回ストップで走り、ソフトタイヤに換えて、入賞圏一歩手前の11位でフィニッシュした。

 ハートレーにとっては、アゼルバイジャン、ドイツに続く、2018年シーズン3回目の入賞となった。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ブレンドン・ハートレー 決勝=9位
 今日の自分のパフォーマンスにもレースにもすごく満足している。それが2ポイント獲得という結果で報われた。

 必要な時にはアグレッシブに攻め、タイヤをうまく管理して走った。チームはピットから役立つ情報を提供してくれたし、メカニックたちはとてもいいピットストップ作業をしてくれた。チーム全体が素晴らしい仕事をしたと思う。

 最後尾グリッドから9位というのは、僕らに今日可能な最大限の結果だったと思う。今日自分が示した攻めの姿勢にも、レース展開にも満足だ。この数戦、ポイントには届かなくても、僕はすごくいいレースをしてきた。今シーズン残りのレース、そしてそれ以降について、モチベーションが高まっているし、前向きな気分だよ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します