現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ライコネン「フェルスタッペンが故意に接触したとは思わない」と主張/F1日本GP

ここから本文です
スポーツ 2018.10.11

ライコネン「フェルスタッペンが故意に接触したとは思わない」と主張/F1日本GP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェラーリのキミ・ライコネンは、日本GPの決勝レースでマックス・フェルスタッペン(レッドブル)と接触したことについて、フェルスタッペンが故意にぶつかろうとしていたとは考えていないと話した。

 オープニングラップのシケインでコースオフしたフェルスタッペンは、安全ではないやり方でコースへ復帰したとみなされ、5秒のタイムペナルティを受けた。

    「ベッテルに突っ込まれた」と主張のフェルスタッペン、ペナルティにも不満

 この時フェルスタッペンは、コースへ戻った際にライコネンと接触し、ライコネンをコース外に押し出すような形となった。ライコネンはこれにより、マシンにダメージを負った。

 8周目には、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がフェルスタッペンをオーバーテイクしようとして接触。ベッテルはレース後、フェルスタッペンのアグレッシブな動きについて言及していたが、ライコネンはフェルスタッペンのドライビングについて寛容な態度を示した。

「あの状況で縁石を乗り越えてコースに戻る時に、きちんとコーナーを曲がってコースに戻ることはできないとこともあると、僕も分かっている。だから、それ(フェルスタッペンのドライビング)について話すのは少し難しい」

「今回がそういう状況だったのかどうかはわからない」

「もし僕たちがお互いに隣り合った状態でコース上にいたら、彼が無理やり割り込んでくるとは思っていない。本当にそうしたら、その後どうなるのか僕たちは皆知っている」

「でもどういう形に収まったかを考えると、少しおかしな状況だった。彼が故意に誰かにぶつかろうとしていたとは思わないけど、こういうことが起きてしまった」

 ライコネンはフェルスタッペンに対し、もっと余裕を残して欲しかったと考えていたことを認めたが、彼の行ったことについてそれほど怒っていないようだった。

「僕はアウト側へ行って、できるだけ離れようとしていた」とライコネンは語った。

「だけど彼は、コース外の縁石と芝生まで僕を押し出そうとした」

「おそらく彼はコーナーを曲がり切ることができなくて、あの位置に落ち着いたんだろう。理想的には、彼はもう少し余裕を残すべきだった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します