現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1日本GPの超保守的なタイヤ選択は、申請の遅れが原因? マクラーレンとFIAは完全否定

ここから本文です
スポーツ 2018.10.10

F1日本GPの超保守的なタイヤ選択は、申請の遅れが原因? マクラーレンとFIAは完全否定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンは、鈴鹿サーキットで行われた日本GPに、超保守的なタイヤ選択で挑んだ。スーパーソフトタイヤを7~10セット持ち込むのが主流だったのに対し、マクラーレンはわずか4セットの持ち込みに留めた。非常に異質とも言える選択だったのだ。

 この結果、フェルナンド・アロンソは予選前にスーパーソフトタイヤを使うことができず、ぶっつけ本番でアタックに臨まざるを得なかった。

    思い出の鈴鹿をドライブしたハッキネン「記憶が蘇って、幸せだった」

 日本GPのパドックでは、ある噂が飛んでいた。それは、マクラーレンはタイヤ選択の締め切り期限に間に合わなかったため、ピレリが選定したデフォルトのタイヤ選択数になってしまったというモノだった。通常、タイヤのセット数の選択期限は、レースの14週間前に設定されている。

 なおマクラーレンは、この噂を強く否定している。

 F1のレースディレクターであるチャーリー・ホワイティングも、タイヤ選択の期限を逃したチームがいたことは承知していないと発言。もし締め切りを過ぎてしまいそうなチームがあった場合には、FIAは警告するはずだとも語った。

「私には、いずれかのチームが(タイヤの選択期限に)遅れているとは知らされていない」

 そうホワイティングは語った。

「とにかく、それはずっと前の話だ」

「我々が通常行うことは、期限の前日にタイヤを選択していないチームがあった場合には、彼らにすぐ電話をかけ、『タイヤ選択をしなければならないことを忘れないように』と言うことだ」

 マクラーレンのスポーティングディレクターであるジル・ド・フェランは、より硬いタイヤを好む傾向にあるチームによって、日本GP向けのタイヤ選択が行われたのだと主張する。

「今年の初めには、我々のマシンは、より硬いコンパウンドでうまく機能すると一般的に理解されていた」

 そうド・フェランは語った。

「特に鈴鹿のように高いGがかかり、連続コーナーが多くあるサーキットでは、そういう選択は相応しいモノとなる」

「しかし率直に言って、我々は間違った選択をしてしまった。そのため、週末を通じてこの最適ではない選択に対処しようとしていた」

「ただそれだけのことだ。これは、意図的な選択だった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します