現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ボッタス2位「自分の今日の仕事は分かっていた。フェラーリがミスをし、プランを実行するのが楽になった」:F1日本GP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.8

ボッタス2位「自分の今日の仕事は分かっていた。フェラーリがミスをし、プランを実行するのが楽になった」:F1日本GP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1日本GP決勝で、メルセデスのバルテリ・ボッタスは2位だった。

■メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ
バルテリ・ボッタス 決勝=2位
 チームにとって完璧なリザルトだ。今週末の素晴らしいパフォーマンスが最高の形で報われた。僕にとっては鈴鹿での初めての表彰台だから、とてもうれしい。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 レースがスタートした後、僕は2番手の位置で、その後の展開がだいたい分かった。僕らは1-2でフィニッシュしなければならなかったんだ。自分の今日の仕事は分かっていた。そしてマシンを2位でフィニッシュさせた。自分のやるべきことを把握し、プランを実行したんだ。

 予選が僕のレースを決定づけたと思う。昨日、僕はどんどんよくなっていて、僕らチームメイト同士の差はほとんどなくなっていた。彼にチャレンジすることは可能だった。ただ、状況による。ロシアの時のようにね。それでも僕は毎戦自分が向上するよう全力を尽くし、チャレンジしていく。

 今年は残りレース数が少ないし、彼はいずれタイトルを獲るだろう。その後どうなるかだね。

 今日のセカンドスティント終盤、タイヤのブリスターに少し苦しんでいた。今までの他のレースでもあったことで、ある温度に達するとブリスターができてしまうことは分かっている。だからその温度を超えないよう、プッシュしないようにして、管理に努めていた。

 今のF1マシンには本当はもっとポテンシャルがあるけれど、今日のように皆が1回ストップのレースをする場合、全力でプッシュし続けると問題が出てきてしまう。その方が楽しいのは間違いないけどね。

 ブリスターができていたけれど、パニックにはならなかった。マックス(・フェルスタッペン)が後ろから来ていて、外からは難しい状況に見えたかもしれないが、僕としては十分なマージンがあると思っていた。マックスがすぐ後ろにいる時に、一度シケインでロックアップしたけれど、それ以外は状況をコントロールできていた。ペースがよかったから、エンジンを多少セーブすることもできた。

 今週末はフェラーリがミスをして僕らと戦う位置にいなかった。僕らにとってはついていた。相手はレッドブルだったけど、レッドブルにはフェラーリほどの速さはない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します