現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペン、“ばかげたペナルティ”に不満「これで罰を受けるなら、次からは迷わずコーナーをカットする」:F1日本GP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.8

フェルスタッペン、“ばかげたペナルティ”に不満「これで罰を受けるなら、次からは迷わずコーナーをカットする」:F1日本GP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1日本GP決勝で、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは3位だった。フェルスタッペンは1周目のターン16で曲がり切れずにシケインをカットした後、コースに戻ってきたところでキミ・ライコネンにヒットした。この件は審議対象になり、フェルスタッペンは危険な形でコースに復帰したと判断され、5秒のタイムペナルティとペナルティポイント1を科された。

 その後、フェルスタッペンはオーバーテイクを仕掛けてきたセバスチャン・ベッテルと接触。この一件については、スチュワードはどちらかに圧倒的に非があるわけではないと判断、いずれにもペナルティを科さなかった。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

■アストンマーチン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 決勝=3位
 ペナルティを受け、セブとのインシデントもありながら、また日本で表彰台に上れたなんて、すごくうれしい。マシンの感触はとてもよく、レースの最初から最後まで上位で戦うことができた。このサーキットでそれができたというのが、なおさらうれしい。

(バルテリ・)ボッタスはいくつかミスをしていたから、最後の数周は必死にプッシュしていたんじゃないかな。でもぴったりついていくのは難しかったから、僕はベストを尽くしつつ、彼がミスをしてくれるのを待った。そうしたら、そのミスをうまく利用するつもりでね。

 キミを相手に防御していた時のペナルティについては、不当な扱いを受けたように感じている。コーナーを平気でカットするのではなく、できるだけ早くコースに戻ろうとしていたのに。次は普通にコーナーをカットするよ。

 セバスチャンとのインシデントは、今年の中国で僕がしたミスとほぼ同じだね。彼は少し待っていれば、もっと楽に抜けたと思う。経験をたっぷり積んだドライバーでも、プレッシャーがかかるとミスをするってことだね。

 さあ次はオースティンだ。素晴らしいところだから行くのが楽しみだよ。いいパフォーマンスを発揮したいね。

(ペナルティについてFormula1.comに語り)シケインの手前でブレーキングをちょっと遅らせすぎた。だから早くコースに戻ろうとしたんだ。安全に戻ったと思う。復帰する時、それほどスピードが出ていなかったから。

 でもキミはシケインで間違ったラインを取った。彼は僕がコースに戻ってくるのを待つことだってできたはずだ。確かに軽く当たったけれど、5秒のペナルティだなんてばかげている。それでもなんとかうまく乗り切ることができてよかった。

 あれで5秒ペナルティを受けるのなら、次は平気でコーナーをカットすることにするよ。バルテリがやったみたいにね(注:ボッタスは48周目にシケインでロックアップした)。僕はコーナーをできるだけちゃんと回ろうとした。ただコーナーをカットするんじゃなくてね。でも次にどうすべきかははっきりした。

(ベッテルとの接触について語り)あそこのコーナーではオーバーテイクはできないよ。僕は彼にスペースを残しておいたのに、彼はぶつかってきた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します