現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 接触で6位に終わったベッテル、フェルスタッペンを非難も「仕掛けたことに後悔はない」:F1日本GP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.7

接触で6位に終わったベッテル、フェルスタッペンを非難も「仕掛けたことに後悔はない」:F1日本GP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1日本GP決勝で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは6位だった。ベッテルは8番グリッドから好スタートを決めて4番手に上がったが、前を行くマックス・フェルスタッペンに仕掛けた際に接触してスピン、19番手までポジションを落とした。このインシデントについてスチュワードは審議した結果、どちらかに圧倒的に非があるわけではないとして、いずれにもペナルティを科さなかった。

 ベッテルは後方からオーバーテイクを繰り返し、6位でフィニッシュ。しかしタイトル争いのライバル、ルイス・ハミルトンとのギャップは67点にまで拡大、王座獲得の可能性がさらに低くなってきた。

    【動画】ベッテルがスプーンカーブでフェルスタッペンに接触し自滅/F1日本GP 決勝

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 決勝=6位
 今日、ガレージを歩いてチームの皆の作業を見ていて、力づけられた。この数週間は楽ではなかったが、皆の気持ちは折れたりしていない。

 今日のようなレースは相手にポイントを渡してしまうようなものだし、ポイントスタンディングを見ると、僕らにとって厳しい状況であることは分かっている。僕らには失うものがない。今まですべての力を注いできた。マシンから学べること、理解を深められることが、まだあると考えている。だからこれからも戦い続け、抵抗し続け、今後のレースがどういう展開になるのかを見ていく。

 マックスとの接触についてだが、僕はオーバーテイクするためにプッシュしていた。彼が(キミ・ライコネンとの接触の際の行動について5秒加算の)ペナルティを受けていたことを知っていたし、自分たちが速いことも分かっていた。彼のバッテリーは切れていたが、僕の方はエネルギーをセーブしていた。その時、イン側に隙間を見つけたから、飛び込んだ。彼は防御しようとした。それで僕は行き場を失い、接触した。あれはレーシングアクシデントだ。

(Formula1.comのインタビューで語り)僕は彼を抜こうとしていたが、何が何でも抜こうとしていたわけではない。でも彼は誰かが近づいてきたり、隣に並びかけられているのが分かると、すぐにプッシュする。もはやプッシュしてはならない段階になってもだ。僕だって、隙間がなければ飛び込んだりしない。レースをしているのだから、接触しそうになることはある。それでも常に相手にはスペースを残しておくべきだ。

 僕はあのアクションをとったことを後悔していない。結果を考えれば、別の行動をとるべきだったとも考えられるが、後からそう言うのは簡単だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • cam*****|2018/10/08 05:27

    違反報告

    あの周回、あのタイミングで仕掛けた事を、ベッテルは後悔しなくてはいけませんね。
    解説者達も全員言ってましたが、あそこで行く必要は全く無かった。
    チャンピオンシップを争っているドライバーなら、少し考えれば分かる事ですが、今年のフェラーリはドタバタし過ぎてます。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します