現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アロンソ「僕のオンボード映像を見て!」最後の鈴鹿で1mmも狂わず”ベストラップ”走る/F1日本GP

ここから本文です
スポーツ 2018.10.7

アロンソ「僕のオンボード映像を見て!」最後の鈴鹿で1mmも狂わず”ベストラップ”走る/F1日本GP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンのフェルナンド・アロンソは、土曜日の予選を18番手で終えるも、自分の人生における鈴鹿でのベストラップを走ることができたと語った。

 マクラーレンの低迷したシーズンは続いており、予選では、アロンソとチームメイトのストフェル・バンドーンの後ろに位置しているのはセッション中にクラッシュを喫したマーカス・エリクソン(ザウバー)だけだった。

    メルセデス、ソチでのミス再発防止に「チームオーダーの計画を変えた」

 ハンドリングが悪かったと話したアロンソは、チームメイトより約0.5秒速いラップタイムを記録したものの、Q1ではトップから1.8秒の差があった。

「今日はバランスも、アタックラップも良かった」

「スタート/フィニッシュラインを通過した時に、簡単にQ2へ進める可能性があると思った。鈴鹿では、おそらく僕の人生におけるベストラップだったと思う」

「エンジニアルームでオンボード映像を見た。もしチャンスがあったら、皆にも見てほしい。どのコーナーの入り口でも出口でも、縁石でも1mmもずれていなかった」

「最大限のリスクを負ったよ」

 今年のマクラーレンはマシンパフォーマンスに苦しんでいるが、大抵の場合、彼らよりも後ろのグリッドにいるのは同様に苦戦しているウイリアムズだけだ。

 しかし今週末、グリッド最後尾につけたのはマクラーレンだった。

「僕らのパフォーマンスは、ロシアでも標準以下だった。ただより良い戦略を実行して、ウイリアムズの前で予選を終えた」

「彼らと比較しても、(今回は)ペースがなかった。でもソチでのレースを終えて5日後には全く同じマシンでここを走っているのだから、驚くことではない」

「痛手を負うことになるとわかっていた」

 またアロンソは、”開発不足が”今季の不調の原因だと考えており、それは今年の終わりまで続くと繰り返し話した。

「毎週末、僕たちは中団チームが新しいパーツを投入しているのを見ている。彼らのマシンを見て、どのようなパフォーマンスを発揮するのかと想像するんだ」

「皆がアップデートを持ち込んでいるのに、おそらくスペインGP以降、僕らは何も持ち込んでいない。これが理由だろう。サーキットとの問題もあるが、そのコースの特性によって、僕たちの弱点が露呈してしまう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します