現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペン予選3番手「完璧なタイヤ戦略でフェラーリに勝つことができた」:F1日本GP土曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.7

フェルスタッペン予選3番手「完璧なタイヤ戦略でフェラーリに勝つことができた」:F1日本GP土曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1日本GPの土曜予選で、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは3番手だった。

■アストンマーチン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 予選=3番手
 今日、僕らチームは、コース上でもそれ以外でも何ひとつミスをしなかった。セッティングを最適化し、Q3のコンディションをうまく利用することで、明日の決勝のために、いいグリッドポジションをつかむことができたんだ。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 Q3序盤でインターミディエイトからスリックにタイヤを換えたことが鍵だったね。それによっていいラップタイムを出して、フェラーリより上位につけることができた。

 マシンの感触にもパフォーマンスにも、昨日よりずっと満足することができた。チームの皆が昨夜、懸命に作業してくれたことがパフォーマンスに表れているし、そのおかげでいい予選を走れた。

 メルセデスはあまりに速くて、レースで僕らが挑戦することはできないと思うけれど、いいスタートを切ることができれば、何が起きてもおかしくないよ。セバスチャン(・ベッテル)は早い段階で後方から抜け出そうとするだろうから、いずれは彼に対して防御しなければならなくなる。もちろん、自分のポジションにしがみつくためにベストを尽くすよ。

 できる限りいい戦略を成功させることに集中する必要がある。そうして表彰台に上れればいいね。

(Q3の戦略について自身の公式サイトで語り)Q3が始まった時、しばらく様子を見ようと思った。雨が降ってきたときには、路面が濡れているように見えても、実際は濡れていないことがあるんだ。フェラーリがコースに出ていった時に、インターミディエイトで走るほど路面が濡れていないことが分かった。それで僕らはスリックを履いた。そのためにコースに出るのが遅れたけれど、結局は完璧な判断だったと思う。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します