現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > バンドーン「FP1で走れなかったから、チームが選んだ方向性を信じるしかない」:マクラーレン F1日本GP金曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.5

バンドーン「FP1で走れなかったから、チームが選んだ方向性を信じるしかない」:マクラーレン F1日本GP金曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1日本GPの金曜、マクラーレンのストフェル・バンドーンはフリー走行1は走行せず、フリー走行2は20番手。フリー走行1でバンドーンのマシンに乗ったランド・ノリスは20番手だった。

■マクラーレンF1チーム
ストフェル・バンドーン フリー走行1=-/2=20番手
 鈴鹿に戻ってこられてうれしい。最高のサーキットだし、F1カーで走ると素晴らしいフィーリングを得られるんだ。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 今日はFP2しか走らなかった。午後からマシンとサーキットに慣れる作業に取り組み、うまくまとめていくことを目指した。それがどういう結果につながるのかは明日確認してみるよ。

 今日はすべてのタイヤコンパウンドのテストに集中した。明日は雨が降るかもしれないから、状況を見ていく。

 FP1で走らない場合、週末へのアプローチが普段とは違ってくる。自分が走らなかったFP1でチームが集めたデータに頼らなければならないんだ。彼らが決めた方向性を信じ、彼らのデータを基に進めていくしかない。

ランド・ノリス フリー走行1=20番手/2=-
 楽しかった。日本に来るのも鈴鹿を走るのも初めてだったんだ。最高のトラックだった。今シーズンのなかで走るのを一番楽しみにしていたコースだ。日本に来るよう言われた時からずっと楽しみだったけど、期待を裏切らない、素晴らしいコースだった。トラック全体、特にセクター1が独特で、本当に楽しかったよ。慣れるのに少し時間がかかるけど、全体をうまくまとめられると、これほど素晴らしいサーキットはないと思える。

 コースを学ぶことができていい経験になった。来年戻って来た時にはすぐに快適に走れるはずだ。

 今日はいろいろな空力関係のテストをした。来年用のものもあれば、今週末用のものもあった。僕もチームも学ぶことが山ほどあったから、いい一日だったと思う。

 FP1での走行は僕にとって来年に向けた準備だけれど、それと同時にミスなくしっかり走って、エンジニアにいいフィードバックを提供することも重要だ。今週末に向けて、さらには来年に向けて、マシンを向上させるためにね。ただ楽しんで走るのではなく、予選に備えるセッションなのだと考えながら、できる限りのことをしている。1周1周が重要だ。ばかなミスをしてはならないんだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します