現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > IMSA:マツダ、最終戦プチ・ル・マンの布陣を変更。ディ・グラッシとフランキッティを招聘へ

ここから本文です
スポーツ 2018.10.5

IMSA:マツダ、最終戦プチ・ル・マンの布陣を変更。ディ・グラッシとフランキッティを招聘へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ(WSCC)に参戦しているマツダチーム・ヨーストは10月11~13日にアメリカ、ロード・アトランタで行われる最終戦プチ・ル・マンのドライバーラインアップに、ルーカス・ディ・グラッッシとマリーノ・フランキッティを迎える。

 WEC世界耐久選手権の2018/19年シーズン第4戦富士6時間レースと日程が重なっているWSCC最終戦プチ・ル・マン(ロード・アトランタ10時間)。

    IMSA:マツダ、単独首位走行も接触に泣き4位。「初勝利は近い内に見せられる」

 複数のチームが両シリーズを掛け持ちするドライバーの代役を立てることとなっている今戦だが、シリーズ最高峰のプロトタイプクラスで2台のマツダRT24-P DPiを走らせるマツダチーム・ヨーストも、55号車マツダのレギュラードライバーを務めるハリー・ティンクネルがWECを優先するため、IMSAシリーズ最終戦を欠場することに。

 このためチームは、スポーツカードライバーとして数多くの経験を持つフランキッティを招聘。40歳のベテランは70号車マツダRT24-P DPiをドライブした2017年のワトキンス・グレン6時間以来、約1年ぶりにチームに加わりマツダDPiを走らせることとなる。

 ティンクネルに代わって55号車マツダのドライバーラインアップに加わるフランキッティは先月、すでにロード・アトランタでのテストを実施済み。本戦ではジョナサン・ボマリートと、ロングディスタンスレースに起用される第3ドライバーに登録されているスペンサー・ピゴットとともにマシンをシェアする予定だ。

 一方、オリバー・ジャービスとトリスタン・ヌネスがレギュラードライバーを務めている55号車マツダでは今季、アウディワークスドライバーのレネ・ラストを第3ドライバーに起用している。

 しかし、プチ・ル・マンが行われる週末にDTMドイツ・ツーリングカー選手権の最終戦がホッケンハイムで開催されることから、こちらもWSCCの欠場を余儀なくされることに。そこで白羽の矢が立ったのが、同じくアウディワークスドライバーで2016/17年のフォーミュラEチャンピオン、ディ・グラッシだ。

 アウディLMP1ドライバーとしてWECに参戦してたディ・グラッシは今回がWSCC初参戦となるが、同時に2018年からマツダとタッグを組んでいるチーム・ヨースト、さらに元チームメイトのジャービスと再開を果たすこととなる。

 直近のふたつのレースで、優勝まであとわずかに迫っているマツダチーム・ヨースト。悲願の初優勝をロード・アトランタで果たすことができるのか、注目したいところだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します