現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルノーF1のホープ、アルテム・マルケロフの父親が収賄容疑で逮捕、ウイリアムズのシート交渉に暗雲

ここから本文です
スポーツ 2018.10.4

ルノーF1のホープ、アルテム・マルケロフの父親が収賄容疑で逮捕、ウイリアムズのシート交渉に暗雲

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルノーの開発ドライバーを務めるアルテム・マルケロフの父親であるバレリー・マルケロフが、モスクワで収賄容疑で逮捕、拘留された。

 バレリー・マルケロフのトラブルは、24歳のF2レーサーであるアルテムが先週末に開催されたF1第16戦ロシアGPソチの金曜フリー走行1回目に起用され、正式にF1デビューを飾った、たった数日後に起きた。

    【日本GP鈴鹿フォトギャラリー特別編:1】F1はやっぱり細かいところに何かが宿っています

 ロシアで鉄道の設計と建設に関わる1520グループの共同オーナーであるバレリー・マルケロフは、政府関係者に20億ルーブル(約34億円)に上る巨額の賄賂を渡したとして、モスクワのバスマンニ裁判所に告発されている。彼は少なくとも12月1日までは拘留されるものと見られている。

 アルテム・マルケロフのモータースポーツでのキャリアについてはその始まりから、彼の父が大部分の資金を出しており、今年、ロシアン・タイムの彼のF2マシンの両側面には、1520グループのロゴがあしらわれている。

 ソチでアルテム・マルケロフは、2019年シーズンにF1でレースができるチャンスは五分五分だと評価し、ウイリアムズとシートについて話し合いをしていることを認めた。

「1カ月半以内には、はっきりするだろう」と彼はロシアで語った。

 一方で、父親の収賄容疑の件が彼のレースにおける野望にどのような影響を与えるかは分からない。

 2018年シーズンのF2は最終戦のアブダビを残すのみで、アルテム・マルケロフはFIA F2選手権のランキングで5位につけている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します