現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > CTCC:WTCR併催戦に新型フォード・フォーカス登場。ハフの代役でクートも参戦

ここから本文です
スポーツ 2018.10.4

CTCC:WTCR併催戦に新型フォード・フォーカス登場。ハフの代役でクートも参戦

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月28~30日の週末に行われたWTCR世界ツーリングカー・カップ第7戦の併催イベントとして、TCRチャイナとともに開催されたCTCCチャイナ・ツーリングカー・チャンピオンシップ。同シリーズでトップチームとして活動する長安フォードFRDチームは、寧波国際スピードパークでの一戦に合わせ、2018年のドライバーズ、チームチャンピオンシップ両タイトル獲得に向けた第4世代の新型モデル『フォード・フォーカスCTCC』を投入した。

 長安フォードFRDチームはこの新型マシン投入に際して、レギュラードライバー4名同時にスイッチすることを決め、都合4台の車両を同時製作でスタンバイ。3度のCTCCタイトル獲得経験を持つアンディ・ヤンを筆頭に、選手権首位のマーティン・カオや、今レースから国際ワイルドカード枠でチームに加入したオーストラリア人、ジョシュ・バードンにもブランニューマシンを用意した。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 これまでもフォード系のチームとして長年にわたりフォード・フォーカスを使用してCTCCに参戦してきた長安フォードFRDチームは、今回初となる新型フォーカスの4ドアサルーン版をベースモデルにチョイス。これまでの5ドアハッチバックとは異なる空力特性と前後重量配分を得ることが狙いだったという。

 この新型マシンもこれまで同様、イギリス・マウンチューンが製作した2リッター4気筒直噴ターボを搭載しており、今回はそのエンジンも完全ブランニューのユニットに更新された。

 今季初めからスタートした開発作業はサマーブレイクの期間に本格化し、マシン製作が一気に加速。選手権リーダーのマーティン・カオや、元王者アンディ・ヤンの手でシェイクダウンを済ませ、満を持してWTCR併催の寧波に持ち込まれた。

 しかし週末の2ヒートでは4台ともに車検時のレギュレーション不備が発覚し全車“10ポジションダウン”のペナルティを受け、ポイント獲得はならず。それでもレース1で7位、レース2で4位と健闘したヤンは「マシンにポテンシャルがあることは確認できた」と語った。

「ペナルティは残念だが新型車両の開発時にはよくあること。感触はとても良かった。異なるセットアップやマシン特性の理解をさらに進めるため、もっと走りこむ時間が必要だね」と、3度のCTCCタイトル獲得経験者のヤン。

 それを受け、チームのテクニカルディレクターを務めるブライアン・マーも「クルマのスピードには満足している」と、一定の評価を与えた。

「このマシンにとって初めてのレースウイークエンドで、7位と4位というフィニッシュは悪くない成績だと思う。全体的なクルマの仕上がりには満足しており、スタートに際しては良い基盤を持っていることを証明できたと思う」

■ロブ・ハフの代役としてアンドレ・クートに白羽の矢
 CTCCのレースはキア・リオをドライブするレオ・リーがレース2のファイナルラップでBAICセノバに乗る元WTCC世界ツーリングカー選手権ドライバー、ダリル・オーヤンをオーバーテイクして連勝を飾り、フォードのカオを逆転しチャンピオンシップリーダーに浮上した。

 また、今季もSAIC VW333レーシングのフォルクスワーゲン・ラマンドGTSでシリーズにレギュラー参戦するWTCRドライバーのロブ・ハフは、FIAが規定する「レースウイークの前週から開催期間中にかけて、いかなる前輪駆動モデルでのテスト走行も認められない」との条文を受け、CTCCとのダブルヘッダーを断念。

 代わって、前戦のTCRチャイナでマックプロ・レーシングからエントリーしたアンドレ・クートに白羽の矢が立ち、FK8ホンダ・シビック・タイプR TCRに続き、CTCC仕様のフォルクスワーゲン・ラマンドGTSのステアリングを握ることとなった。

 そのクートはCTCCデビュー戦のレース1でいきなり3位表彰台を獲得すると、レース2では首位争いに割って入ろうかという勢いを見せたものの、シートベルトが外れるというまさかのトラブルでピットインを余儀なくされ、惜しくも初優勝の機会を逃すこととなった。

「そのままの状態で3~4周はしたよ(笑)。でもピットに入って締め直す必要があるのは明らかだった。とくに接触が当たり前のツーリングカーではね。心のどこかでは『このまま続けても大丈夫だ!』と叫ぶ自分もいたけど、もうひとりの冷静な自分がピットへ連れていってくれた」と、苦笑いのクート。

「最初はこれまでのマシンとまったく異なるフィーリングで苦労したが、週末を終える頃にはかなり感覚が掴めていた。FFの乗り方で問題ないんだけど、TCRマシンよりトルクがありつつ、トラクションはそれほどでもないから、上手くドライビングするのが難しかったんだ」

 続く今週末、10月5~7日の武漢ストリートコースでのWTCR第8戦でもCTCCの併催が予定されており、SAIC VW333レーシングは新たな助っ人ドライバーとして、先の週末に3度目のBTCCイギリス・ツーリングカー選手権チャンピオンを獲得したコリン・ターキントンの招聘を発表している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します