現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【津川哲夫の私的F1メカ】クラッシュの被害を最小限に留め、ハロとともにコクピットを守る日本製の最新ロープ

ここから本文です
スポーツ 2018.10.3

【津川哲夫の私的F1メカ】クラッシュの被害を最小限に留め、ハロとともにコクピットを守る日本製の最新ロープ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今シーズンのF1で導入されたHaloシステムは、クラッシュしたマシンやトラブルで飛散したパーツからドライバーの頭を護るコクピット襲うディバイスだ。すでに今シーズン2度に渡り、激しいクラッシュからドライバーを救っており、その安全性の高さが実証されているわけだが、F1マシンには他にも被害を最小限に留める工夫を凝らしたデバイスが施されている。

 このHalo、設計段階で実際に想定されたのは、クラッシュ時に飛び散るアップライトが着いたままのホイールとタイヤだ。時速300km/hオーバーでサスペンションが壊れ、時にはサスペンションアームが着いたまま車体から千切れて飛び散るような、最悪のシチュエーションへの対策が施されている。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 写真はレッドブルRB14のフロントサスペンションアーム部。このコーナー(アップライト、ホイール、タイヤ、アーム類を含んだサスペンション・アッシーをまとめた呼び名)は相当の重さになる。クラッシュした際、車速を超えるようなスピードで飛ぶ質量の大きいコーナーパーツは、とんでもないエナジーを持った飛散物になるのだ。

 実際、オープンホイールのレースではクラッシュや接触時には、ホイールが後方のドライバーの頭を襲い、頭部を直撃し命を落とした例も多い。その被害を少しでも軽減させるために、Haloはそういった最悪の状況での救世主としての役割を担っている。

 そして、F1はかなり以前から、この飛散ホイール問題への対処が続けられている。それが写真のコーナーがモノコックから離れないように、長年サスペンションアームの内部に身を潜めて、必死にコーナーとモノコックを繋いでいるホイール・ティーザースだ。

 サスペンションアームの先端に見える細いロープ。これは日本製のアラミド繊維で、ケブラーよりも強く、防弾チョッキ等に使われるザイロン™ (旭化成の商標登録)繊維を使ったロープだ。

 このロープは合計110平方ミリを三本に分ける事が義務付けられ、アップライトとモノコック側でそれぞれ独立したブラケットにボルトオンされる。ザイロンロープは弾丸を通さないほど引張強度があり、千切れず、ナイフやハサミで切るのも難しい、最強のロープだ。

 クラッシュ時にサスペンションアームの全てが千切れ飛んでも、ホイールその物がアップライトから離れない限り、このザイロンロープがコクピットに引き摺り止めてくれる。また、フロントホイールが千切れ飛んでもドライバーの頭には届かない長さで結ばれていて、さらにHaloで護られるのだから、近代F1は極めて安全な対策が施されていると言える。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します