現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アプリリア、RSV4の最上位モデル『RSV4 RR』の2019年モデルをインターモト2018で発表

ここから本文です
スポーツ 2018.10.2

アプリリア、RSV4の最上位モデル『RSV4 RR』の2019年モデルをインターモト2018で発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アプリリアは、ドイツのケルンで開催されているインターモト2018でスーパースポーツの『RSV4 RR』の2019年モデルを発表した。

 RSV4は、2009年に登場したV型4気筒エンジンを積むアプリリアのスーパースポーツフラッグシップモデル。市販スーパースポーツで争われるロードレースの最高峰、スーパーバイク世界選手権では2010年にマックス・ビアッジがRSV4を駆ってチャンピオンを獲得した。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 そんなRSV4の最上位モデルとなるのが『RSV4 RR』だ。『RSV4 RR』には、兄弟機のRSV4 RFと同じくライド・バイ・ワイヤー、トラクションコントロール、ローンチコントロール、クイックシフター、クルーズコントロールなどの電子制御が標準装備されていることに加え、マグネシウム製パーツの装備やシャシーの調整が可能となっておる。

 2019年モデルの変更点は主にカラーリングで、ホイールは現行モデルのRSV4 RFと同じく赤が採用され、ボディカラーは黒をベースに灰色のロゴステッカーがあしらわれている。

『RSV4 RR』の他に、アプリリアはトゥオーノV4 1100ファクトリーを発表。2019年モデルのトゥオーノV4 1100ファクトリーには、アプリリアのエンジニアがチューニングしたオーリンズ製のセミアクティブサスペンションシステムが装備された。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します