現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハートレー「PUを戦略的交換。速くなった新スペックを鈴鹿ではさらに完璧に近づけたい」:トロロッソ・ホンダ F1ロシアGP土曜

ここから本文です
スポーツ 2018.9.30

ハートレー「PUを戦略的交換。速くなった新スペックを鈴鹿ではさらに完璧に近づけたい」:トロロッソ・ホンダ F1ロシアGP土曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ロシアGPの土曜予選で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは16番手だった。

 金曜には新スペックのパワーユニット(PU)/エンジンを導入したが、ホンダは新PUのさらなる調整のため、土曜FP3以降は前戦で使用したスペックを使うことを決めた。金曜にパワーユニットエレメント交換を行った時点で、ハートレーはペナルティを受け、グリッド後方からスタートすることが決まっていたが、土曜にはさらに新しいエレメント(7基目のターボチャージャーとMGU-H)を入れたため、追加で10グリッド降格のペナルティを科された。

    ガスリー「マシンの感触がすごくいい。これなら後方からでもいい結果を目指せる」:トロロッソ・ホンダ F1ロシアGP土曜

 FP3ではハートレーは22周を走行し1分36秒033で16番手。予選Q1、ハートレーは1分35秒037で16番手となり、Q1で敗退した。

 土曜に発表された暫定グリッドでは、他のマシンのペナルティの関係でハートレーには18番グリッドが与えられている。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ブレンドン・ハートレー 予選=16番手
 明日グリッド降格ペナルティを受けることが決まっているので、今回は予選は重視していなかった。

 昨日はホンダが新しいパワーユニットを導入し、重要なテストを行った。その後、新型は土曜以降は使わないことが決まった。以前のものより間違いなく速さがあり、その点に疑問はないが、日本に向けて完璧な状態にし、すべてが適切に機能するようにしたいと思っている。

 グリッド後方からスタートすることになるので、タフなレースになるだろう。でも、昨日走ったソフトタイヤでのロングランのペースは期待できそうだったので、明日いい結果を出せる可能性はあると思う。過去のレースを見ると、ここではいくつかインシデントが起きている。スタート直後は長いストレートを走ってタイトなターン1に入っていく形になり、ここはかなりトリッキーだ。明日の展開を見ていくよ。ベストを尽くしていいレースを走りたい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します