現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハースF1、ガレージでまさかのボヤ騒ぎ。マグヌッセン用のタイヤ2セット損傷、FIAに交換を願い出る

ここから本文です
スポーツ 2018.9.28

ハースF1、ガレージでまさかのボヤ騒ぎ。マグヌッセン用のタイヤ2セット損傷、FIAに交換を願い出る

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロシアGPの木曜日夜にハースのガレージで発生した火災により、2セットのタイヤがダメージを受けてしまったようだ。チームはこのタイヤを交換してくれるよう、FIAに依頼しているようだ。


 今回の火事は、タイヤウォーマーのコントロールボックスから出火したものと見られており、そのウォーマーに包まれていたタイヤセットが破壊され、その隣に置かれていたタイヤも損傷を受けてしまったようだ。この2セットは共に、ケビン・マグヌッセン用のタイヤだったという。

    F1ロシアGP:FP1はベッテル首位も、メルセデス不気味な3-4番手。トロロッソ・ホンダのガスリー12番手

 チームは今朝、FIAに正式に損傷を受けたタイヤの交換を願い出ている。

 火事は警備スタッフによって発見され、火の手がひろがる前に様々なチームの助けも借りて消火された。ハースチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、火がすぐに消えたことは”不幸中の幸い”だったと認めた。


 シュタイナーはmotorsport.comに次のように語った。

「何が起こったのかはまだ分かっていない。なぜなら、それは燃えてしまったからだ」

「結論を急ぐわけにはいかない。何が起きたか分からない中で、パニックに陥ってはいけない」

「あるセキュリティスタッフがそれを見つけ、彼らが共に働いて消火してくれたのだと思う」

「消火できたのは幸いだった。タイヤが燃えると消火するのは難しいから、彼らの働きは素晴らしい」

 あるライバルチームは、タイヤウォーマーが夜間に作動していたことに疑問を持っている。タイヤウォーマーの運用には細かい規定があるからだ。

 ピレリが指示しFIAがチームに遵守させている規定によると、タイヤの保存は60度で行われ、80度で2時間加熱したのち、セッションの1時間前に110度まで温度を上げられることになっている。

 しかしシュタイナーは、タイヤウォーマーは作動していなかったと疑惑については否定している。

「それらは夜間に使用されていなかった。ただ、電源プラグは刺さっていた。そうでなければ火災はなかっただろう。しかし作動はしていなかったのだ。ただスタンバイ状態だっただけだ」

「通常、朝サーキットに来てスイッチを入れるだけで良いように、全てのケーブルは接続されている状態だ。だが今の我々は電源プラグを抜いておかなければならないだろう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Adam Cooper)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します