現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > グロージャン失格の控訴審問は11月に開催「勝利の可能性は五分五分」とハースF1代表

ここから本文です
スポーツ 2018.9.27

グロージャン失格の控訴審問は11月に開催「勝利の可能性は五分五分」とハースF1代表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハースF1チームはイタリアGPでのロマン・グロージャンの失格について控訴の手続きを開始しており、11月1日に審問が行われることが決定した。

 イタリアGP決勝をグロージャンは6位で終えたが、その後、ルノーF1チームがハースVF-18のフロアに規定違反がある可能性を訴えた。レーススチュワードは、2018年F1技術規則第3条7.1d(「車両の真下から見た時に前部の各角上に半径50mm(+-2mm)の丸みがなければならない」との規定)にハースが違反していると判断し、グロージャンを失格とする裁定を下した。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 この失格でハースは8ポイントを失い、ルノーとのコンストラクターズ選手権の4位争いにおいて、彼らにリードされることになった。

 9月2日に行われた決勝の数日後、ハースは失格に対する控訴の申請を行った。これを受け、パリのFIA控訴裁判所はこの件に関し、第19戦メキシコGPと第20戦ブラジルGPの間の11月1日に審問を行うことを明らかにした。

 ハースF1チーム代表のギュンター・シュタイナーは、控訴の結果がどうなるのかは全く分からず、裁定が覆る可能性は五分五分だと述べた。

「勝つという自信があるとは言えない。どうなるか、全く分からないのだ」」とシュタイナーは語った。

「決定について、我々はどうすることもできない。弁護士と技術者たちとともにベストを尽くすことはできる。何が起きたか、なぜこうなったか、およびそのすべての経緯と、なぜ彼らが間違っているのかを説明するのだ」

「しかし、もう一度言うが、私は裁判官ではないから、裁定を下すことはできない。そのため、見込みは半々だと考えている。どちらの裁定もあり得る」

「我々が行ったのは、控訴とそのフォローアップだ。最初に控訴の意志を示し、その後、控訴するための準備が必要だった」

 シュタイナーは、スチュワードは裁定を下した日、チームの事情を正確に理解していなかったと主張している。
「失格は正しい判断でなかったという考えをもとに準備をしている。だが現段階では技術面の専門的な話をするつもりはない。今それをすると、控訴裁判所において効果が薄れてしまうかもしれないからだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します