現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2019年新設の『MotoE』暫定カレンダーが発表。初年度はヨーロッパで全5戦開催

ここから本文です
スポーツ 2018.9.9

2019年新設の『MotoE』暫定カレンダーが発表。初年度はヨーロッパで全5戦開催

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドルナスポーツは9月8日、『FIM Enel MotoE World Cup』(MotoE)の暫定カレンダーを発表した。

 2019年から開催を目指す電動バイクの新シリーズ『MotoE』。MotoGP第13戦サンマリノGPで4回目の会議が行われ、2019年の暫定カレンダーが発表された。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 これまで、イタリアの電動バイクメーカー、Energica Motor Company(エネルジカ・モーターカンパニー)のスーパーバイク『Energica Ego Corsa(エネルジカ・エゴ・コルセ)』のワンメイク、タイヤサプライヤーはミシュランであることが決定。金曜日に30分のフリー走行が2回、土曜日に公式予選、日曜日に決勝レースが行われることも発表されてきた。

 チームは12チーム、18名のライダーで、MotoGPクラスの参戦チームからは各2名のライダー、Moto2クラスとMoto3クラスの参戦チームからは各1名のライダーがエントリーする。

 全5戦の開催が予定され、MotoGP第4戦スペインGP、第5戦フランスGP、第9戦ドイツGP、第11戦オーストリアGP、第13戦サンマリノGPと併催することが今回決定。Moto3クラスの決勝レース前に行われること、周回数は7ラップから10ラップになることも発表された。

 2019年シーズンのMotoEシリーズ暫定カレンダーは以下の通り。

■2019年MotoE暫定カレンダー(9月8日時点)
RoundDataCountryCircuit第1戦5月5日スペインヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエト第2戦5月19日フランスルマン第3戦7月7日ドイツザクセンリンク第4戦8月11日オーストリアレッドブルリンク‐シュピールベルク第5戦9月15日サンマリノミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します