現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「ホンダとの初シーズンに競争力が低下することは避けなければならない」とレッドブルF1のフェルスタッペン

ここから本文です
スポーツ 2018.9.8

「ホンダとの初シーズンに競争力が低下することは避けなければならない」とレッドブルF1のフェルスタッペン

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、2019年からレッドブル・レーシングのパワーユニット/エンジンパートナーを務めるホンダは大きな進歩を遂げつつあり、期待を抱いていると語った。2020年にはタイトル争いに加わりたいと考えるフェルスタッペンは、来年レッドブルのパッケージのパフォーマンスが今より低下することは避けなければならないと述べている。

 トロロッソは2018年からホンダのパワーユニットを搭載、その状況を見た上で、レッドブルは2019年にルノーからホンダへとスイッチすることを決めた。レッドブル首脳陣はホンダのパワーユニットは向上しつつあると断言し、来年はルノーを超えると予想している。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 レッドブルは2019年のドライバーラインアップとしてフェルスタッペンと現在トロロッソ・ホンダで走るピエール・ガスリーを起用することを確定している。ルノーへの不満を繰り返し述べているフェルスタッペンは、ホンダに強い期待を抱いている。

 フェルスタッペンは、レッドブルによるトロロッソのデータ分析を見た感想として、「かなり期待できると思う」と語ったとFormula1.comが伝えた。

「レッドブルはパワーユニットをホンダに変更するという決断を下した。当然、彼らはもっと上に近づくために協力し合って働いている。ただ、マシンのウイング設定などもあるから、エンジンの真のパフォーマンスレベルを判断するのは簡単ではない」

 フェルスタッペンは以前、レッドブル・ホンダは2020年にはメルセデスやフェラーリとタイトル争いをできる状態になるとの考えを示した。そのためには来年、今よりパフォーマンスが低下するようなことはあってはならないと彼は言う。

 レッドブルは2018年第14戦終了時点でコンストラクターズ選手権3位、3勝を挙げている。

「(2019年の)シーズン初めには、少なくとも今と同じレベルの競争力を保つことを目標にしている。その後、急激に開発を推し進めていく」とフェルスタッペン。

「ただ、今はいろいろ素晴らしい展開を思い描くことはできるが、実際どうなるかはその時になってみないと分からないけどね」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • moc*****|2018/09/09 09:35

    違反報告

    データ分析では、既に、ルノーのエンジンは越えたのか?
    かなり、冷徹な判断をするフェルスタッペンに、現状では期待を抱かせているようだ。ホンダに何か隠し玉の開発技術があったら、来年は本当に面白くなるだろう。頑張って欲しい。
  • nel*****|2018/09/09 08:16

    違反報告

    それは無理なこと。過去を見れば分かる。ホンダに足を引っ張られて将来有望なフェルスタッペンがここから下位チームに転がり落ちないことを祈ってる。ニューウェイあたりが一緒にルノーに移籍することを願う。
  • ike*****|2018/09/09 12:14

    違反報告

    毎週のようにホンダへプレッシャーをかけるコメントが。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します