現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 新F1タイヤサプライヤーの審査が進行中。ミシュランは入札せず、ピレリとハンコックの対決に?

ここから本文です
スポーツ 2018.9.5

新F1タイヤサプライヤーの審査が進行中。ミシュランは入札せず、ピレリとハンコックの対決に?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FIAは2020年以降のF1公式タイヤサプライヤーを決めるプロセスを進め、現在、ピレリとハンコックの審査を行っているといわれている。ミシュランは、2020年にF1に復帰する可能性を否定した。

 FIAは2020年から2023年の期間に参戦するF1単独タイヤサプライヤーを募集、ミシュランは入札を検討していたが、8月31日の締め切りを迎えるにあたり、見送ることを決めた。募集を行う際に、FIAは、現在13インチのホイール径を2021年から18インチに変更すること、フロントタイヤの幅を変更することなどの方針を示した。そのため、現在のピレリ以外のメーカーがサプライヤーとなった場合、2020年の1年間のために現行仕様のタイヤを製造し、2021年から仕様を変更しなければならなくなる。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 ミシュランは、18インチへの移行を喜びながらも、1年のみ、ショー的要素を考慮してパフォーマンスを抑えた13インチタイヤを製造することは、「リソースの効率的な管理と、耐久性の優れたタイヤのための技術を尊重するという我が社の方針に反する」として、入札を行わないことを明らかにした。

 auto motor und sportは、ピレリに加えてハンコックが入札を行ったとして、まずはFIAが2社の審査を行う予定であると報じた。技術面、ロジスティクス面で一定の基準に達したとFIAから判断された場合、フォーミュラワン・マネージメントが各タイヤメーカーの予算等についてチェックする。審査は数週間にわたって行われる見込みだという。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します