現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > SBK王者ジョナサン・レイがオートポリスに登場。カワサキの新型ニンジャZX-10RRを走らせる

ここから本文です
スポーツ 2018.9.3

SBK王者ジョナサン・レイがオートポリスに登場。カワサキの新型ニンジャZX-10RRを走らせる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月2日、全日本ロードレース選手権第7戦が開催された大分県・オートポリスにおいて、カワサキ・レーシング・チーム・ワールドSBKのジョナサン・レイが、新型Ninja ZX-10RRのデモランを行った。

 レイがニンジャZX-10RRとともに現れたのは、お昼休みのピットウォーク中。突然、最終コーナーから甲高い排気音を響かせて立ち上がってくると、そのままショートカットながらコースを3周した後、メインストレート上にマシンを止めた。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 その場で行われたプレゼンテーションでは「新しいZX-10RRはとてもいいフィーリングで、僕たちがワールドスーパーバイクを戦いながら培ってきたノウハウが確実にフィードバックされている」とコメント。「2019年をこのバイクで走るのが楽しみだ」という。

 2019年モデルのニンジャZX-10RRでは、すでに非常に高いレベルに仕上がっている車体のスペックはあえてそのままとし、エンジンの開発に集中。そのパフォーマンスを上げている。

 ニンジャZX-10Rのスタンダード(STD)、SE、RRの全モデルでバルブ駆動方式にフィンガーフォロワーロッカーアームを採用し、サーキット走行に特化したZX-10RRでは、パンクル社のチタニウム製コネクティングロッドも投入。RRで204ps、SE&STDで203psへとピークパワーを向上させただけでなく、低回転域から高回転域までより扱いやすい、幅広いパワーバンドも獲得した。

 フィンガーフォロワーやチタン製コンロッドの採用は、ただエンジン性能が上がるだけでなく、軽量化、慣性マスの低減、レスポンスなどが向上した結果、車体ハンドリングのパフォーマンスアップにも貢献しているという。

 レイはデモランだけでなく、Ninja400エキジビションレース・ウォームアップ走行の先導を担当。さらにはKAZEブースで柳川明とのトークショーにも参加した。

 トークショーでの鈴鹿8耐を振り返るコーナーでは、「やり残したことがある。表彰台で実は、ヤマハのライダーたちの笑顔をずっと見ていた。彼らの笑顔を消してやりたいじゃないか」と、来年も再び参戦したいという意思を表明。カワサキファンが多数集まった会場を大いに盛り上げた。

 そして最後は「もちろん、ワールドスーパーバイクでも全力を尽くし、勝ち続けたい。今シーズン、まず4連覇という結果を残したうえで、2019年は新型ZX-10RRで5連覇を目指したい」と締めくくった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します