現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルイス・ハミルトン「インを選んだベッテルに驚いた」。スペースを残したと主張|F1イタリアGP

ここから本文です
スポーツ 2018.9.3

ルイス・ハミルトン「インを選んだベッテルに驚いた」。スペースを残したと主張|F1イタリアGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1イタリアGPで望外の勝利を手にしたメルセデスのルイス・ハミルトンは、オープニングラップでセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)と接触した際に、ベッテルがイン側のラインを選択したことに驚いたと語った。

 予選をフェラーリ勢に次ぐ3番手で終えたハミルトンは、スタート直後のシケインを3番手で通過した。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 彼はターン4の進入でイン側のラインを選択したベッテルを追い越そうと、アウト側のラインを取った。しかしターン5の手前で両者は接触してしまい、ベッテルはスピンを喫した。一方ハミルトンはそのままコーナーを通過して2番手に浮上。最終的にはライコネンを逆転して優勝を飾った。

 ベッテルは4位でレースを終えたものの、ハミルトンとのポイント差は30にまで広がってしまった。レース後、ベッテルはこの接触についてハミルトンを非難したが、ハミルトン自身は間違ったことはしていないと自信を持っている。

「僕たちは同じようなスタートをしたと思う。僕はホイールスピンをしてターン1に進入したけど、セブ(ベッテルの愛称)が左側にいたことに驚いた」

「ターン1を通過した時に、僕たちはわずかに接触した。その後ターン4に向けて速度を落として、セブがキミのアウト側ではなく、イン側を選んだことにも驚かされた」

「僕にとってもチャンスだった。僕はアウト側にいて、それで十分だと思った。数年前にはイン側にいてうまくいかなかった経験があったんだ」

「僕らの間には十分にスペースがあったと思う。彼の(タイヤが)ロックして僕たちは接触したんだと思う。少しマシンにダメージを負ったけれど、それでも走り続けることはできた」

「(接触の後は)リヤが安定しなくて、(マシンをドライブするのが)難しくなった。でもドライブを続けれらないほどではなかった」

 この週末、フェラーリは3回のフリー走行全てでメルセデスを上回り、予選でもフロントロウを独占した。ハミルトンは、レースで優勝できるとは考えていなかったことを認めた。

「間違いなく、優勝できるなんて予想していなかった」

「3番手からスタートしたけど、前回のレースペースとここでのペースを考えて、自分たちがどの位置につけるのかもわからなかった」

「(ライコネンの)1.5秒以内のところを走っていて、『これは極めて難しいバトルになる』と思った。今週末はずっとチームやスポンサー、そして自分自身から、結果を出すためのプレッシャーがあった」

「優勝できるとは予想していなかったけれど、優勝できるよう願ってはいた。明確な目標を持ってここへ来たけど、時には彼らが前回のレースのように僕たちを引き離したことを皆知らないだろう」

 また彼は、ベッテルとのタイトル争いが最優先事項だったので、ライコネンをオーバーテイクする際に大きなリスクを負うことに対して慎重になっていたと語った。

「昨日はどれほどアグレッシブになれるかを理解しようとしていた。僕はキミではなくて、セバスチャンとレースをすると思っていたんだ」

「でも序盤にセブをパスしたことが、大きなターニングポイントになった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Valentin Khorounzhiy)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します