現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フォースインディア、ランス・ストロールのシート合わせをしたことを認める

ここから本文です
スポーツ 2018.9.1

フォースインディア、ランス・ストロールのシート合わせをしたことを認める

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォースインディアは、現ウイリアムズのランス・ストロールがチームのファクトリーを訪れ、シート合わせを行ったことを認めた。しかしその一方で、チーム代表のオットマー・サフナウアーは、今シーズン中にストロールが移籍するのは難しいと主張する。

 フォースインディアは今年の夏休み中、ローレンス・ストロールらが率いるコンソーシアムがチーム救済に名乗りを上げ、ベルギーGPから”レーシングポイント・フォースインディア”として再スタートを切った。そのため、ローレンスの息子であるランス・ストロールがチーム入りする可能性が高いと言われてきた。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 そしてストロールは今週初めにフォースインディアのファクトリーを訪れたという。

「彼は来た。そして(ファクトリーを)見て回って、シート合わせをした」

 サフナウアーはそう語った。

「それは念のためだ」

 テクニカルディレクターのアンディ・グリーンは、このシート合わせは、2019年のマシン開発に向け、ストロールの好みを探ることが目的だったと語った。

「我々がやりたかったのは、来年のクルマの開発に向け、彼のために変更する必要が何もないということを確認することだった」

 そうグリーンは説明する。

「変更する必要があるものがいくつかあったが、我々はちょうど間に合わせることができた」

 ウイリアムズのチーム副代表であるクレア・ウイリアムズは、シンガポールGPの後まで、何の変化も起こらないと語っている。

 サウナウアー代表も、ドライバー変更の可能性について次のように語った。

「我々は、今シーズンの残りも、同じふたりのドライバーを走らせるつもりだ。しかし、明日が何をもたらすのかは誰にも分からない」

 またサフナウアー代表曰く、ドライバーを変更するためには、多くの法的な障壁をクリアする必要があるという。

「ランスはウイリアムズと契約している。そしてCRB(FIAの契約審査委員会)もその契約を認定していると考えている」

「だから最初のステップは、彼が契約から解放されることだ。我々が彼を契約から解放することを求めているということが前提だがね。これについては、私がコントロールできないことがたくさんある」

「我々はシート合わせを行った。それは我々がコントロールできるものだ。残りの部分は法的なことだが、もしふたりが同意すれば、それを行うことができる」

「我々がエステバン(オコン)に『エステバン申し訳ない。君はチームを去らなければいけない。我々はランスをマシンに乗せようとしている』と言ったとしよう。あくまで仮説だがね。しかしエステバンが『申し訳ない。僕には契約がある』と言ったら、困ったことになる」

「私はどうなるか知らないし、何かを言うことはできない。基本的には何も決まっていないからだ。ドライバーが変更が起こるには、他の多くのことが起きる必要がある。単なるドライバー変更ではないのだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Adam Cooper)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します