現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F2モンツァ予選:メルセデス育成のラッセルが今季4度目のポール獲得。日本勢は福住13番手、牧野14番手

ここから本文です
スポーツ 2018.9.1

F2モンツァ予選:メルセデス育成のラッセルが今季4度目のポール獲得。日本勢は福住13番手、牧野14番手

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FIA F2第10戦モンツァの予選が行われ、ARTグランプリのジョージ・ラッセルが今シーズン4度目のポールポジションを獲得した。

 まずはニック・デ・フリーズ(プルタミナ・プレマ・セオドール・レーシング)が1分33秒台のトップタイムを記録すると、チームメイトのショーン・ゲラエルが続く。すると直後にセルジオ・セッテ・カマラ(カーリン)が1分32秒052というトップタイムをマークし、わずかな差で2番手にジョージ・ラッセル(ARTグランプリ)、3番手にアレクサンダー・アルボン(ダムス)がつけた。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 セッション序盤のアタックでは、母国レースを迎えているルカ・ギオット(カンポス・レーシング)が4番手までタイムを伸ばした。ランキング2位のランド・ノリス(カーリン)はこの時点で8番手。日本勢は最初のアタックを終えて福住仁嶺(BWTアーデン)が13番手、牧野任祐(ロシアン・タイム)が16番手だった。

 各車1度目のアタックを終え、ピットに戻った。残り時間が10分を切ると、新品タイヤに履き替えて再度コースへ出て行った。

 アルボンが自己ベストタイムを繋いで2番手まで浮上すると、直後にラッセルが1分31秒546とこのセッション初めて31秒台のタイムをマークしてトップに立った。さらにセッテ・カマラがアルボンを上回り2番手につけた。

 トップタイムをマークしたラッセルはピットへ戻り、セッションの展開を見守ることに。しかしラッセルのタイムを上回るドライバーは現れず、ラッセルが今シーズン4度目のポールポジションを獲得した。またポール獲得により4ポイントを加算し、ランキング首位のラッセルのポイントはこの時点で192となった。

 2番手にセッテ・カマラ、3番手にアルボンという並びも変わらず。4番手以下アルテム・マルケロフ(ロシアン・タイム)、ニコラス・ラティフィ(ダムス)、アントニオ・フォッコ(チャロウズ・レーシング・システム)、ノリス、アージュン・マイニ(トライデント)、ギオット、ルイス・デレトラズ(チャロウズ・レーシング・システム)というトップ10となった。

 福住は13番手、牧野が14番手と、日本人ドライバーが揃って7列目を確保した。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します