現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1イタリアGP木曜会見:ベッテル、モンツァ初優勝の思い出を語る「今思えば、すごいことを成し遂げていた」

ここから本文です
スポーツ 2018.8.31

F1イタリアGP木曜会見:ベッテル、モンツァ初優勝の思い出を語る「今思えば、すごいことを成し遂げていた」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1第13戦ベルギーGPに続いて、第14戦イタリアGPのFIA木曜会見も2部制で行われた。その第1部にはもちろん、フェラーリのドライバーふたりが登場。質問も当然ながら、セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンに集中した。

 最初はライコネンへ「フェラーリドライバーとして臨むイタリアGPはどんなフィーリングですか?」という質問が飛んだ。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 ライコネンは「技術的にはほかのグランプリと同じだけど」と前置きしつつ、チームの母国グランプリに向けて、次のように述べた。

「でも、やっぱりここは僕らにとってホームグランプリだからね。週末はとても忙しいし、多くのティフォシが応援に来てくれるので、本当に支えになる。昨日はミラノでイベントが行われて、僕たちも参加したんだけど、最高だった。だから、いい結果を出したい。それは僕たちのためでなく、ティフォシのためにね」

 ベッテルに対しては、フェラーリのドライバーとしてではなく、モンツァで勝ったときの気持ちはどうだったかという質問が。というのも、ベッテルはイタリアGPで3回優勝しているが、1回は2008年のトロロッソで、あとの2回はレッドブル。まだフェラーリでは優勝していないからだった。ベッテルは笑顔でモンツァでの思い出を語った。

「2008年の優勝は、僕にとって初優勝だったから、忘れられないよ。あのときは、自分が成し遂げたことをすぐには理解できなかったけど、イタリアのチームで、フェラーリ・エンジンを搭載してモンツァで勝ったから、今思えば、すごいことをやったんだなと思う」

「そのあとの2回の優勝は僕にとって、ちょっと不思議な感じだった。というのも、ファンの反応が1回目の優勝のときと違っていたんだ。そのとき思ったよ。『ここはイタリアなんだ』ってね。だから、その2年後に正しい色(フェラーリ)のレーシングスーツを着て表彰台に上がったときは、勝てなかったけど、素晴らしい思い出となった。そして、思ったんだ。ここでフェラーリのドライバーとして勝つことができたら、どんなに素晴らしいことかってね」

■シャルル・ルクレールにとって、イタリアでのベストメモリーとワーストメモリーは?


 イタリアGPはフェラーリだけでなく、チームのタイトルスポンサーがイタリア・ブランドであるアルファ・ロメオのザウバーにとっても、第二のホームグランプリとなる。

 第2部に登場したシャルル・ルクレールには「イタリアでのベストメモリーとワーストメモリーは何か?」という質問が。フェラーリ・アカデミーの一員として、イタリアで長い間過ごしてきたルクレールの答えは、こうだった。

「ベストメモリーは間違いなく、2014年のフォーミュラ・ルノー2.0 アルプス・シリーズだね。あの年は四輪にデビューばかりで、最初の数戦はなかなか実力を発揮できなかったけど、モンツァでようやく自分の走りができて、初優勝したんだ。ワーストメモリーは、そうだなあ、マラネロに行く高速道路でタイヤがパンクしちゃったことかな(笑)」

 3人のドライバーにとって、今年のイタリアGPが良い週末になりますように!!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します