現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 多重クラッシュ引き起こしたヒュルケンベルグに、次戦降格ペナルティ。2012年の失格裁定との違いも説明

ここから本文です
スポーツ 2018.8.27

多重クラッシュ引き起こしたヒュルケンベルグに、次戦降格ペナルティ。2012年の失格裁定との違いも説明

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1第13戦ベルギーGP決勝、スタート直後に多重クラッシュを引き起こしたとして、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグにペナルティが科された。

 ヒュルケンベルグはパワーユニット/エンジンのエレメント交換により降格ペナルティを受け、18番グリッドからのスタートとなった。決勝スタートが切られ、全車がターン1に向かうなか、ヒュルケンベルグはブレーキングでミスをし、前を行くマクラーレンのフェルナンド・アロンソに激しく追突。アロンソのマシンは舞い上がり、ザウバーのシャルル・ルクレールの上を飛び越えてコース外に着地した。3台のマシンは大きなダメージを負い、その場でリタイアとなったが、幸いけが人は出なかった。ルクレールのマシンに装着されたコクピット保護デバイス“ハロ”にはアロンソ車との接触の跡が残り、外観に関して批判を浴びながら2018年からF1に導入されたこのデバイスが、安全面で非常に有効であることが証明される形となった。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 スチュワードはこの件について、ヒュルケンベルグ、アロンソ、ルクレールに話を聞くなどして検証した結果、ヒュルケンベルグ本人が「状況を完全に見誤ったと述べ、自分のミスであると率直に認めた」として、次戦イタリアGPでの10グリッド降格と、ペナルティポイント3を与えるという決定を下した。

 今回のアクシデントは2012年ベルギーGPでの多重大クラッシュを思い起こさせるものだった。2012年には、スタート直後にロマン・グロージャンがアロンソ、セルジオ・ペレス、ルイス・ハミルトン、小林可夢偉らを巻き込む大アクシデントを引き起こした。1周目の事故を何度も繰り返してきたグロージャンは、1戦出場停止の重いペナルティを受けた。

 その後、違反の多いドライバーへの対策として、ペナルティポイント制度ができ、12カ月の間に多数の違反を行い、ペナルティポイントが12点に達した場合には出場停止にするという規則が定められた。そのシステムがなかった当時と今とでは判断基準が違うとして、今回のヒュルケンベルグに関してはグロージャンと同様の出場停止のペナルティは検討対象にはならないと、スチュワードは説明している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します