現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ「好調に思えたが、FP2で競争力が低下。予選までに原因を究明する」:F1ベルギーGP金曜

ここから本文です
スポーツ 2018.8.25

トロロッソ「好調に思えたが、FP2で競争力が低下。予選までに原因を究明する」:F1ベルギーGP金曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ベルギーGPの金曜、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=11番手/2=15番手、ブレンドン・ハートレーはフリー走行1=15番手/2=17番手だった。

 ドライコンディションのこの日、FP1ではガスリーは25周を周回し1分46秒300のタイムで11番手。ハートレーは23周を周回し1分46秒932で15番手だった。FP2ではガスリーは33周を走り、1分46秒080で15番手、ハートレーは35周のなかで1分46秒337を記録し、17番手となった。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
チーフレースエンジニア ジョナサン・エドルズ
 2週間の夏休みを経てシーズン後半戦の幕開けを迎えるのに、スパ以上に最適な場所はないだろう。このコースはコンディションの変化が予想不可能で、面白いレース展開をもたらすことが多い。今日は雨の予報がなされていたが、結局は降らず、スムーズに2回のセッションを走ることができた。

 ハンガリーではいいテストができ、多数のセットアップのアイデアを得たため、それを違うコースで試すためにここに持ち込んだ。FP1では2台で作業を分けて、セットアップ案をテストした。ブレンドンは空力のテスト、ピエールはメカニカル面のテストにそれぞれ集中した。これによって予想どおりの結果が得られ、このサーキットの特性は我々のマシンと合っていないことを考えれば、FP1ではまずまずの競争力を示すことができた。セッションを通して、すべてのデータを分析し、2台のマシンについて最適なセットアップを施した。

 FP2は通常どおりのセッションとなり、ショートランの後、ロングランを行った。今日は比較的気温が低く、ミディアムタイヤを温めるのがかなり難しかった。それでもドライバーたちはスーパーソフト装着時のバランスには概ね満足していた。FP2では期待していたようなラップタイムを出すことはできず、少し競争力が少し低下したので、その理由を探り、今夜対策を取る必要がある。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します