現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP:昨年優勝のドヴィツィオーゾ、シルバーストンは「難しいコース」。再舗装での変化に期待

ここから本文です
スポーツ 2018.8.23

MotoGP:昨年優勝のドヴィツィオーゾ、シルバーストンは「難しいコース」。再舗装での変化に期待

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGP第12戦イギリスGPを前に、ドゥカティ・チームのアンドレア・ドヴィツィオーゾとホルヘ・ロレンソが意気込みを語った。

■アンドレア・ドヴィツィオーゾ(MotoGPクラスランキング4位)
 チェコGPで今シーズン2勝目を記録、オーストリアGPでは最後にトップ争いに加われなかったものの3位に入賞し、ランキング4位につけるドヴィツィオーゾ。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 シルバーストンの昨年のウイナーであり、ウエットレースの2015年に3位表彰台を獲得している。

「シルバーストンでも引き続き競争力があると思う。昨年は最高の戦略で優勝することができたし、このコースでは最速ではないにも関わらず、正しいポジションにいる」

「シルバーストンは、タイヤの消耗、特に前腕の上がりなど体力に対する要求、変わりやすい天候など、いくつかの理由で本当に難しいコースだ。それに加えて路面のコンディションも考慮しないとならない。再舗装されたことで、昨年までのような路面のバンプが解消しているといいね」

■ホルヘ・ロレンソ(MotoGPクラスランキング3位)
 前戦オーストリアGPで今シーズン3勝目をマーク、ランキング3位に浮上したロレンソ。シルバーストンではヤマハ時代の2012年と2013年に優勝、2014年に2位に入賞するなどロレンソが得意とするコース。

 ドゥカティ1年目の昨年は予選5番手から5位に入賞している。

「シーズンの中でも難しいレースだったが、ウイークを通じて重要な改善を続け優勝できたオーストリアの後、8月3レース目のグランプリを迎える。僕らはうまく行っているし、あらゆるコースで戦闘力がある」

「シルバーストンは大好きなコースで、いい思い出があるが、常に天候が重要なファクターとなる。できればドライで走りたい。でも、どんなコンディションでも、モータースポーツの伝統と多くのファンを持つイギリスでレースをすることはすばらしい」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します