現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ポコノ戦でクラッシュしたウィケンス、下肢や右腕、背骨などを負傷し手術へ

ここから本文です
スポーツ 2018.8.20

ポコノ戦でクラッシュしたウィケンス、下肢や右腕、背骨などを負傷し手術へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インディカー・シリーズ第14戦ポコノの決勝レース序盤で起きたアクシデントで病院に搬送されたロバート・ウィケンス(シュミット・ピーターソン)。意識はあるとアナウンスされていたが、下肢や右腕、背骨、そして肺を損傷していることが発表された。

 7周目のリスタート直後、サイド・バイ・サイドでライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)と3番手を争っていたウィケンス。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 第3ターン前にハンター-レイの左後輪とウィケンスの右前輪が接触し、ハンター-レイはスピンしてウォールにヒット。そのハンター-レイのマシンにウィケンスも乗り上げてしまい、フェンスに激しくクラッシュし、マシンは大破。

 サーキットは騒然となったが、ウィケンスはセーフティチームに救出され、病院へと搬送。メディカルチームからはウィケンスは意識があると発表されていた。

 リーハイ・バレー病院に搬送されたウィケンスは、下肢や右腕、背骨、そして肺を損傷していることがインディカーからアナウンス。この後、MRIと手術を受ける予定だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します