現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ヤマハ中須賀「自分の肩がどれだけもつか心配だった」/全日本ロード第6戦JSB1000決勝会見

ここから本文です
スポーツ 2018.8.19

ヤマハ中須賀「自分の肩がどれだけもつか心配だった」/全日本ロード第6戦JSB1000決勝会見

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全日本ロードレース選手権第6戦はツインリンクもてぎで決勝レースを終え、表彰台に登った中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)、野左根 航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM #5)、高橋巧(Team HRC)が会見に臨み、戦いを振り返った。

■中須賀克行/YAMAHA FACTORY RACING TEAM(優勝)
「うれしい。その一言に尽きます。レースウイークに入り、体と相談しながらペースを上げて戦ってきました。昨日の予選では3周がやっとで、今日の決勝23周には不安しかありませんでした。でも、あきらめたらそこでレースは終わり。何があってもあきらめない強い気持ちで臨みました」

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

「スタートは失敗して出遅れましたが、追いつくことができて、最初の10周は楽でしたが、だんだんと(怪我をしている右の)肩が辛くなってきました。前にいた野左根選手や巧選手を見ると、トップに立ってもペースが上げられていなかったから、みんなきついんだなと感じました。自分の肩がどれだけもつか心配でしたが、こうなったら前に出てふたりを抑え、レースをかき回してやろうと思いました」

「毎周、肩に負担のない走り方を研究しながら走りました。巧選手の後ろで、ブレーキングで頑張りすぎなくてもいいところが分かったり、ペースをつかむことができましたが、最後は腕を使い切る感じでした。最後まであきらめないという言葉を自分に言い聞かせながら走りました。それでも、こんなにうれしい結果がついてくるとは思っていませんでした。スタッフもトレーナーもいろいろと考えてくれました。この状況で優勝することができてうれしかったです」

■野左根 航汰/YAMAHA FACTORY RACING TEAM #5(決勝2位)
「序盤のペースがよくなかったので焦ってしまい、5コーナーではオーバーランしそうになったり、前の2台になかなか近づけずに心が折れそうでした。ですが、中須賀選手は怪我を抱えて頑張ってるのに、これでは情けないとスイッチを入れました」

「燃料が減ってきた10周目くらいからペースがつかめ、追い上げることができました。でも前に出てもレースを引っ張ることができず、中須賀選手にかわされてからは、周回遅れに引っかかったこともありますが、(離されたのは)それだけが原因ではありませんでした」

「今回のもてぎで優勝できなかったことは大きいですが、ふたりとバトルをすることはできました。もちろん悔しい気持ちの方が大きいですが、やりきったという気持ちもあります。次のオートポリスも得意なコースなのでリベンジしたいです」

■高橋巧/Team HRC(決勝3位)
「今年はスタートの調子がいいので、今日もスタートで前に出て、様子を見ながら戦う台数を絞りたいなと思っていました。その後にゆっくりどう勝負するかを考えました」

「序盤はレースをコントロールして、後ろに中須賀選手と野左根選手がいることも分かっていました。一度ペースを上げたときも着いてきたから、つらいなと思いながら走っていました」

「朝フリーと同じようなコンディションだったらもっと攻められたと思うけど、想像よりもコンディションが変わっていて、一度3コーナーでミスしたら、リズムを崩してしまいました。2台にかわされた後も全開で走りましたが、離されてしまいました。まだまだ課題があります。オートポリスは相性がいいので、次はしっかり勝負できるようにしたいです」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kur*****|2018/08/20 14:55

    違反報告

    ヤマハはどうして中須賀選手をモトGPに行かせないのかな。ライバルのいない日本で勝ち続ける事に意味はあるの。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します