現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRCドイチェランド:SS1でトヨタのタナクが首位発進も「こんなにひどいステージは初めて」

ここから本文です
スポーツ 2018.8.17

WRCドイチェランド:SS1でトヨタのタナクが首位発進も「こんなにひどいステージは初めて」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WRC世界ラリー選手権第9戦ドイチェランドは8月16日、オープニングステージのSS1が行われ、前戦ラリー・フィンランドを制したオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)が首位発進。総合2番手にはWRC2クラスのカリ・ロバンペッラ(シュコダ・ファビアR5)が続いた。

 ラリー・ドイチェランドのSS1は、ザンクト・ヴェンデルの市内に設けられた2.04kmの特設コースで争われた。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 牧草を丸めた牧草ロールを置いて形作られたSS1は、曲がりくねったルートの上、道幅も狭く、最上位クラスを戦うドライバーの多くがアンダーステアに苦しめられてしまう。

 そんななか前戦のラリー・フィンランドを制して勢いに乗っているタナクは2分11秒2でステージを走破。総合首位につけた。

 走行後、タナクはWRC公式サイト『WRC.com』に対し、「最悪だ。こんなにひどいスーパースペシャル(ステージ)は経験したことがない」とコメントしている。

「道がタイトで、アンダーステアに苦しめられた。ほかのドライバーもそうだと思うけどね。とにかく、明日に向けて気持ちを切り替えるよ」

 最新WRカーを操る最上位クラス陣が苦戦を強いられたこともあり、R5車両で戦うWRC2クラスのドライバーたちが上位に進出。ロバンペッラが総合2番手、オーレ・クリスチャン・ベイビー(シュコダ・ファビアR5)が総合3番手につけている。

 総合4番手はダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)が獲得したほか、総合6番手にセバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)、総合7番手にアンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC)が続いた。

 ポイントリーダーのティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)は首位と2秒差の総合13番手だったほか、トヨタ陣営はエサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合12番手、ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合15番手だ。

 本格的な競技スタートとなる17日(金)は、SS2~7までの6SSが行われる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します